ウソ?ホント?プラセンタの力を信じて!摂取法も効果も!

2017年01月11日更新 アンチエイジング
プラセンタ

いま注目を集めているプラセンタ。それはいったいどういったもので、どんな効果があるのでしょうか。

医学的にも認知されているのがプラセンタです。

プラセンタを正しく摂取すればその効果を存分に感じることができるのです。

よく読んであなたに合った摂取法などの参考にしてくださいね!

プラセンタとは?

プラセンタ

プラセンタとは一般に哺乳類の胎盤に含まれる、栄養素などを抽出した成分がプラセンタと呼ばれています。

よくテレビ番組の哺乳類の出産の感動的なシーンで、生まれてきた赤ちゃんを覆う胎盤を母親が食べるシーンがありますよね。

それって外敵から身を守るために血液の匂いを隠そうとしているだけではなく、その胎盤を食べることによってお母さんが、出産時に使ったエネルギーを補うためにその胎盤を食べるため、とも言われているのです。

胎盤って?

哺乳類のほとんどは、妊娠すると胎児とへその緒でつながります。

そしてその胎児と母親との連結経路が子宮内に作られる胎盤なのです。

それゆえ、胎盤は栄養の宝庫となるのです。

赤ちゃんが健やかに育つ環境を整えるのですから、当然、胎盤には計り知れない栄養素がたっぷりと含まれていることは想像に難くありません。

プラセンタの原料

プラセンタ

1、ヒトプラセンタ

人の胎盤を原料とするプラセンタです。これは市販で手に入るものではなく、医療機関のみの扱いとなります。一般のサプリメントやドリンクには使われていないんですね。

2、ブタプラセンタ

一般にサプリメント、ドリンクで使われているのがこのブタプラセンタです。ブタの胎盤由来ですね。

3、ウマプラセンタ

最近のサプリメント等にも、ウマプラセンタを使うことも増えてきました。それはプラセンタの効果を高めることができることが可能だからなのです。安全性も確かです。それらは後で触れますね。

4、ウシプラセンタ

現在は使われていません。その理由は狂牛病の問題があるからです。

プラセンタの安全性

プラセンタ
プラセンタのアン安全性性について

1、ブタプラセンタ

現在のブタプラセンタには確かな品質が保証されています。というのも、そのもととなるブタが十分な健康管理や衛生管理がされる農場からしか仕入れられず、各社どのメーカーも高い自主規制を設けているのです。メーカーでも安全性の確保のため、感染症の有無などを、徹底して検査し、商品化されているのです。また熱を加え、不活化も行われています。
・SPFプラセンタ
ブタ由来のプラセンタの中にあるのが「SPFプラセンタ」です。これは「日本SPF豚協会」が認定するブタ由来のプラセンタなのです。そのチェックは厳しく、「特定の病原菌や寄生虫を持たないクリーンなSPF豚」とされる高技術の管理体制を持つ農場のみで育てられた豚を認定するため、非常に安全性や品質にお墨付きと言われるブタ由来のプラセンタなのです。

2、ウマプラセンタ

これもブタプラセンタと同じく、厳しい基準を突破した馬の胎盤から作られるプラセンタです。メーカーも高い自主基準を設けて感染症の有無などのチェックも厳重に行われています。
またウマプラセンタの特徴も安全性や品質に大きく関わっているのです。馬は豚よりも体温が高いんですね。すると寄生虫などのリスクが大幅に減るのです。

ブタプラセンタの管理にもまた言えることでもありますが、そのようなリスクが減れば減るほど、滅菌処理の過程が減ることから、製造過程で失われがちな有効成分の確保が大幅に増えることからです。

またいま注目されているサラブレッドのウマプラセンタというものもあります。サラブレッドはもちろん厳重な管理下で飼育されています。また血統も確かです。それによって安全性も品質の確保が保証されるのです。

3、ヒトプラセンタ

これは医療機関でしか扱われないプラセンタです。どの製薬メーカーも作れるというわけではなく、厚生省の認可が下りている、限られた製薬メーカーにおいて作られています。以下のような項目が課せられています。
・妊娠入院時の複数回の血液検査
肝炎やHIVウィルスの感染を調べます。
・胎盤中の血液
高圧蒸気滅菌処理で100パーセント除去されます。
・タンパク質のアミノ酸までの分解
異常プリオン、ステロイドホルモンも存在しない。

以上のことから、医療機関で取り扱われるヒトプラセンタは「伝播しない」と言い切っても過言ではないのです。

現在までヒトプラセンタによる感染症は国内外においても、報告は「0」なのです。

そういった理由からヒトプラセンタの安全性は確保されていると思って大丈夫です。安心して使用していいでしょう。

4、プラセンタ利用の注意点

基本的にはサプリメントでもドリンクでも、外用摂取であっても問題はないとされていますが、食品と同じメカニズムによるアレルギーの問題は、少ないのですが報告はあります。

どういったアレルギー反応かというと、アトピー体質の方が経口摂取した際にアレルギー反応が出た、プラセンタを経口とともに概要摂取した際に、アレルギー反応が出て、接触性皮膚炎が起きた、という報告です。

なにかしらのアレルギーをお持ちの方は、プラセンタを摂取する前にかかりつけの医師に相談してもいいかもしれません。

プラセンタ、その栄養素とは?

栄養素
プラセンタは哺乳類の胎盤に含まれるというお話はしました。

そこには生命の源がギュッとつまっているのですね。

生命の源、アミノ酸、タンパク質、脂質という胎児をつくる栄養素はもちろんです。

以下で詳しく見ていきましょう。

1、アミノ酸
身体の組成、細胞を作ります。
2、タンパク質・脂質・糖質
身体をつくるための重要な栄養素となります。
3、ビタミン、ミネラル
身体の機能を正常化させる機能を持ちます。

そのほかにも・・・
4、活性ペプチド
抗酸化に役立ちます
5、ムコ多糖体
細胞と細胞をつなぐ大きな役割を持ちます。健康な皮膚をつかさどります。ヒアルロン酸など。
6、成長因子
細胞の新陳代謝を促します。

このようにプラセンタには胎児だけではなく、私たちの健康や美容にとても大きく関与する栄養成分でいっぱいなのです。

このような栄養素を私たちが摂取することによって、どんな効果が期待できるの?と思った方も大勢いらっしゃると思います。

プラセンタで確認されている薬理作用

1.礎代謝向上作用 2.細胞活性化作用 3.呼吸促進作用 4.血行促進作用 5.造血作用 6.労回復作用 7.血圧調節作用 8.自律神経調節作用 9.ホルモン調整作用 10.免疫強化作用 11.活性酸素除去作用 12.抗突然変異作用 13.創傷回復促進作用 14.抗炎症作用 15.抗アレルギー作用 16.体質改善作用 17.強肝・解毒作用 18.妊婦の乳汁分泌促進作用

19.食欲増進作用 20.精神安定作用

出典 : http://www.skincare-univ.com/article/004128/

プラセンタを摂取するだけで、こんなにも多くの薬理作用が得られるんですね!!
例えばサプリメントの中でも、これだけ複合的に効果を得られるものはほかにはないんですね。

こんな効果がうれしい!!

嬉しい

美肌効果

これはプラセンタに含まれる成長因子が大きく関わってきます。スキンケアを丁寧に行う方もよくご存じかもしれない、FGFやEGF。お値段の高い美容液などにも配合されていますよね。
FGFは肌の組織を修復し、EGFは肌の産出に深くかかわる成分です。そして基礎代謝をあげ肌の細胞を活性化させる働きもありますから、美肌効果も抜群です。

1、シミ、しわ・たるみに効果

紫外線の肌に与える悪影響は、今では多く知られていますよね。

紫外線は私たちのメラニン色素を刺激してシミを作るというだけではなく、真皮にある、コラーゲンやエラスチンの繊維をブツブツと切ってしまうため、ハリや弾力まで奪ってしまいます。

けれどプラセンタの成分であるアミノ酸は細胞の組成を担い、プラセンタならではの成分「成長因子」が、肌のターンオーバーを促しますし、強い抗酸化力によって、お肌のさび付き(細胞の酸化)を防いでくれるのです。

そのためシミの因子を速やかに排出させる効果あるため、シミ予防、シミ対策にも効果を発揮するのです。

そしてそのスムーズなターンオーバーと水分の保持力アップのため、しわにも効果的なんです。

その高い水分保持力のために、さらには、紫外線を浴びた肌でもコラーゲンやエラスチンがはりめぐらせる繊維細胞を守るため、ハリアップ、たるみ予防にも効果的なんですね。

またペプチド、核酸、ムコ多糖体(ヒアルロン酸)、体内吸収率に秀でる単体のアミノ酸などの成分も新陳代謝がアップ。

ターンオーバーも正常化されていきます。

それらが複合して女性の肌トラブルの悩みにオールマイティーに応えてくれるのがプラセンタなのです。

プラセンタでアンチエイジング

アンチエイジング
加齢とともに活性酸素が肌をさび付かせ、老化を招いてしまうことも最近では知られるようになってきました。

けれどそれは肌に限ったことではないのです。

「さび付く」イコール「酸化」です。

これを防いでくれるのもプラセンタが強力な力を発揮してくれます。

アンチエイジングを意識した時、ぜひ考えてほしいのもプラセンタの摂取なのです。

プラセンタの持つ抗酸化作用は、ビタミンEやビタミンCの数倍とも言われ、若いうちからプラセンタを摂取していれば若さをキープすることができますし、またアンチエイジングを意識しだす年代になってプラセンタを摂取しても効果は期待できます。

それにプラスしてさきにあげた、美肌効果も手伝い、その「若見え」も大きなポイントとなるでしょう。

疲労回復

疲労回復
プラセンタには疲労を回復させる力もあるのです!!

活性酸素はアンチエイジングに効果的と言いましたが、最近の研究の結果に、活性酸素は疲労の原因ともなると解明されています。

体内でエネルギーは酸素を使って作り出されているのですが、その内の2パーセントは活性酸素となり体内に残ってしまいます。

けれど通常、身体が持つメカニズムのなか、活性酵素がそれを処理するのですが、頭を使う、体力を消耗する、といったときに、活性酸素は多く生み出され、処理する活性酵素が足りなくなり、身体に活性酸素がたまってしまうのです。

これが、「疲労」なんですね。

プラセンタに含まれる、抗酸化作用物質、ペプチド、核酸、ムコ多糖体(ヒアルロン酸)、アミノ酸がアンチエイジングや美肌作りとともに、強い抗酸化作用がこの活性酸素を処理してくれるのです。

それにプラス、SOD(スーパーオキシドデイスムターゼ)という活性酸素消去酵素も含まれるので、疲労回復に大きな期待ができるのです。

多くのタレントさん、モデルさんは継続的にプラセンタ注射を受ける方が多いのですが、それは美容のためだけというだけではなく、ストレスと疲労を解消するためにプラセンタを利用しているという理由もあるのではないでしょうか。

更年期障害

更年期障害
更年期障害とは日本人女性閉経の平均年齢50歳の前後10年の間の症状を指し、つまり45歳から55歳の間に引き起こされるホルモンバランスの変化から生じるものです。

主にエストロゲンという女性ホルモンの減少が関わってくるのです。

なんら自覚症状のない方もいます。

その中でも通院を必要とするほど日常生活に支障をきたすケースを「更年期障害」と呼ぶのです。

閉経が近づくにつれ、女性の卵巣機能は低下していきます。

そこから女性ホルモンのエストロゲンは減少していくのです。

そのエストロゲンが減少することに代表される、ホルモンバランスの変化は視床下部を刺激することから、それによって自律神経の乱れも引き起こされてしまうのです。自律神経の乱れは心身の症状となって現れてしまいます。

症状には個人差がありますが、更年期の初期と中期~後期にかけて多く見られるのは、主に下記のようなものです。

初期

月経異常…不規則になり、周期が長くなったり短くなる
自律神経失調症…のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷え、血圧の変化
精神神経症状…記憶力・集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、頭痛、めまい
中期~後期

膣や膀胱の衰え…頻尿、尿漏れ、細菌性膣炎を起こしやすい
筋肉や骨格の衰え…尿漏れ、肩こり、腰痛、関節痛、子宮脱
お肌の衰え…シミ、シワ、透明感の低下
上記以外にも高血圧や高脂血症、高血糖、肥満などになりやすくなります。
出典 : http://www.skincare-univ.com/article/004135/

メルスモンとは?

「メルスモン」とは医療機関でしか使われない、プラセンタ製剤です。

様々なプラセンタ成分の中でもアミノ酸や、ミネラルを多く含みますが、製造過程でタンパク質や、ホルモンは除去されたものです。ですからホルモン製剤ではないのです。

更年期障害にはこのメルスモンを注射することで卵巣機能に働きかけます。

それによってホルモンのバランスが整っていき、プラセンタの成分で得られる血行促進や疲労回復なども含め、複合的に作用し、更年期障害を助ける作用を持っているのです。

様々なプラセンタの摂取法

プラセンタ

1、注射

医療用プラセンタ注射にはどんな効果があるのでしょうか?

医療用プラセンタ注射薬とは?
医療用プラセンタ注射薬は、厚生労働省に認められている医療用の医薬品です。現在はラエンネックとメルスモンの2製剤が承認を受けており、肝障害、乳汁分泌不全や更年期障害に使用されています。また、保険適用外ではありますがシミ、シワ、ニキビなどの改善のため美容においても活用されているのです。

具体的には次のような症状に効果があるとされています。

疲れ、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛
シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性
更年期障害
自律神経失調症
月経困難症、生理不順
アレルギー疾患
脳卒中後の神経麻痺
肝機能障害
胃十二指腸潰瘍
膠原病

出典 : http://www.skincare-univ.com/article/004144/

効果的な注射の方法はある?

一般的なプラセンタの注射方法としては「初期療法」と「維持療法」に分かれます。

その内容とは、初期1~2か月の間は週に1~2回と密に注射を受け、維持治療に移った場合は、1~2週間に1回のペースで行われます。

はじめは効果を顕著には感じられないかもしれません。

けれど続けていくうちに体内にプラセンタの成分がとどまることから、徐々に効果を期待できるのです。

またシミの一つである「肝斑」にはその部分にプラセンタを局所注射をすることにより、劇的な改善があったという声も聞かれます。

そもそも発端は注射に始まった!?

プラセンタ注射の効果などの認知度は高くなりつつあり、この記事にたどり着いたあなたも、プラセンタに興味があるのではないでしょうか。

そもそもプラセンタは医療用として、更年期障害をはじめとする症状、または肝機能のアップとして使われてきたのですが、その患者さんの中から「肌質が変わった!!」との声が寄せられるようになり、研究が進んだのです。

いまでは美容のため、アンチエイジングのためとプラセンタ注射を受けていた方が、「あれ?なんだか更年期障害が軽くなった気がする・・・?」と逆に気が付くこともあるようです。

どちらにしてもうれしい結果ですよね。

男性にもココがおすすめ!!

もちろん男性にも女生に対する効果と変わらない効果があることはもちろんです。

現代に働く私たちは、体調管理も必須。体調が悪くてはビジネスに支障がでるという男性も多いでしょう。

また男性でプラセンタの注射を受けている方の多くの目的は「疲労回復」ではないでしょうか。けれどそこでもうれしい効果を感じることができるのです。

いまに始まったことではないかもしれませんが、男性の薄毛の悩みは深刻でしょう。けれどそれがプラセンタで解消されることもあるのです。

いまはメンズエステもメンズ用のスキンケア商品も多く注目されている時代です。

やはり女性に対するアピールだけではなく、ビジネスシーンにおいて、身だしなみのきちんとした男性と、だらしない男性とでは仕事の出来も違ってきます。

そのような日々忙しく、乳酸がたまりがちな男性はもちろん、薄毛対策として、エチケットに気を付ける意味でも、男性にもおすすめしたいのがプラセンタなのです。

プラセンタ注射を受けると献血ができない!?

さきにお伝えした通り、医療用のプラセンタ注射は、きちんと処理され、ホルモンやタンパク質が除去されるため、現在までに感染症の報告などは上がっていませんが、「理論上感染の可能性はある」という点から、プラセンタ注射を受けている方は献血ができません。誰かの力になりたい・・・と思っても、プラセンタ注射を受けていれば、残念ながら、そういったこと、献血はできないのです。

サプリメントなど、経口摂取

サプリメント
注射は医薬品です。

その医薬品としての効果を「更年期障害」や「肝機能の低下」などを目的として使われているのです。

またお伝えした通り、注射はヒトプラセンタであり、「プラセンタサプリ」と呼ばれるものにはブタプラセンタやウマプラセンタが使われています。

けれどその「ヒトプラセンタ」とブタプラセンタやウマプラセンタが劣るのかというとそんなことは決してないのです。

大きな違いとして言えるのは注射は早い段階で効果を感じることができますが、プラセントサプリは効果をゆっくり感じるという点です。

私も含めプラセンタを美容効果を目的として摂ろうと思う場合、様々にプラセンタ注射にはない、うれしいポイントもありますよね。

それは費用が抑えられる、通院の手間がかからない、痛くない・笑というものです。

様々にプラセンタを摂取することのメリット・効果はあげてきましたが、ここで少しおさらいをすると、

1、シミ・しわの抑制・美白効果

厚生労働省が認める、医薬部外品の美白成分、アルブチン、エラグ酸、ビタミンC誘導体、トラネキサムサンなど化粧品に含まれるおなじみの成分と並んで、プラセンタも認められているのです。

けれどほかの美白成分とは少しメカニズムが違います。プラセンタは強力な新陳代謝、つまりターンオーバー、そして抗酸化作用があります。単体のミネラル成分は肌細胞を活性化させます。

つまりそのような点から「美白効果がある」とされているのです。

ターンオーバーが正常で、メラニンなどの排出も健康的に行われている方の肌はとても明るく、透明感のあるものですよね。

それを「美白」とカテゴライズしていいのかという点はありますが、プラセンタアプリを摂っているとそのような効果から「美白」の効果も感じることができるのです。そのようなことからもしわにも効果大なのです。

2、肌の水分力アップ!弾力もアップ!

上記にあげたプラセンタサプリのメカニズムももちろんですが、それにプラスして、様々なプラセンタの成分が複合してお肌にうれしい効果をもたらします。

美肌成分としてプラセンタの中でも特化できるのは、吸収率がとても優れる単体のアミノ酸、美肌効果に最適なペプチドや、ムコ多糖体(ヒアルロン酸)が含まれているということも大きなポイントです。

これらは肌の真皮にある、肌の弾力をつかさどるコラーゲンの生成にとても役立つのです。そのことから、アンチエイジングを意識してプラセンタアプリを摂るようにした方も肌の弾力が戻るのを実感できるのです。

そしてそれをより強化させるのが成長因子です。

成長因子は肌組織を修復し、肌細胞再生産を促すといった効果があるのはお伝えした通りです。

3、プラセンタはニキビにも効果的!

1、ニキビ

プラセンタの成分はアクネ菌に対する抵抗力をつけてくれます。

また炎症を抑える用もあるので、ニキビにはとても効果的なのです。

2、ターンオーバー

また、ニキビができやすい環境とは、ターンオーバーが乱れている可能性が高いのす。

そのため、プラセンタによってターンオーバーが正常化されれば、ニキビのできにくい肌へ導かれるのです。

3、ホルモンバランス

加齢などでホルモンバランスが崩れれば、ニキビができやすくなります。

そして思期ニキビにも同じことが言えるのです。

思春期はホルモンバランスの乱れが引き起こされやすくなり、そのためにニキビができやすくもなるのですが、上述したように、プラセンタはホルモンバランスを整える力も発揮してくれます。

それによって、加齢のホルモンバランスの乱れ、思春期のホルモンバランスの乱れにもプラセンタはとても有効なのです。

4、ニキビ跡にも

ニキビの色素沈着にプラセンタの酵素が働きかけ、ニキビが治った後の色素沈着にも効果的であるだけでなく、ニキビが悪化してしまって真皮を傷つけてしまった時の凹凸にもプラセンタは効果的です。

なぜかというとプラセンタには真皮を修復・再生させる力があるからなのです。そのようなお悩みにもプラセンタは力を発揮してくれるでしょう。

それらが複合的に作用し、シミ、しわ対策、肌の弾力を取り戻すなど、お肌にうれしい効果、そして美肌へと導く作用があるのがプラセンタサプリなのです。

そして活性酸素除去作用は、アンチエイジングつまり、肌を錆びさせず、いつまでも若々しいお肌を保つことができるのです。

また男性だけにではなく、女性の薄毛の悩みも本格化してきていますよね。

そういった対策にもプラセンタサプリは効果を発揮してくれますよ!!

4、経口摂取でも確かな効果

プラセンタエキスの入ったドリンクを2か月間飲み続けた結果、成長ホルモンの一種、「インスリン様成長因子I(IGF-I)の血中濃度が増加、肌の弾力が戻るという研究結果が大手の製薬会社から発表されています。

またその美容効果の実証は研究結果として、日本加齢医学会総会でも発表され、プラセンタは経口で摂取しても、確かな効果があると実証されているのです。

5、美容以外にも

もちろんプラセンタですから、その高い抗酸化用によってアンチエイジングも期待できるのですが、その他疲労感の改善も、肩こりや腰痛の改善にも効果がみられたという研究結果も出ているのです。

プラセンタサプリのメリットは

プラセンタサプリのメリットとして通院の手間がかからない、費用が抑えられるといったことはもちろんですが、何といってもそれゆえの「続けやすさ」です。

確かに即効性は注射の方がありますが、プラセンタを飲もう!というあなたは美容面なのか、健康面であるのか、そのトラブルを解決したい、緩和したいと思っていますよね。

それならば注射ももちろん有効ですが、トラブルを解決・緩和するためにも重要になってくるのは継続です。

ですからプラセンタサプリの費用を抑えることができて続けやすいと感じるのならば、プラセンタサプリを考慮に入れてみてもいいかもしれませんね。

6、プラセンタドリンク選び

プラセンタ配合の美容プラセンタドリンクも一般的になってきましたよね。

いずれかを飲んでいる方も、これからプラセンタ配合のプラセンタドリンクを選ぼうという方も、以下の注意を参考にしてみてください。

プラセンタドリンクの特徴

つぶ状のプラセンタサプリとの大きな違いは、そのプラセンタの配合量と、吸収率の高さです。

なにか明確な目的をもってプラセンタドリンクを飲む場合、効果を感じ始めることができる3か月は最低でも継続することがおすすめです。

そして効果を感じた・目標のトラブルが改善された、と感じたときに2~3日に1度の服用に減らしてみても大丈夫です。

プラセンタドリンクの費用

やはり一般的にはプラセンタサプリより、プラセンタドリンクの方が値段が高くなっています。

美容に効果的な成分がギュッとつまっている、吸収率も高く、プラセンタの含有量も豊富と思ってもそのコストパフォーマンスに二の足を踏むことも多いもの。そこでこんな工夫をしてみては?

通常はプラセンタサプリを摂っていて、たまに、疲労感を感じたとき、体調が不良の時、生理前などにプラセンタサプリをプラセンタドリンクに置き換えるというものです。

もしくは曜日を決めて、「たまの贅沢♪」としてみてもいいかもしれませんね。

プラセンタ選びはココを見て!

Aプラセンタ含有量10,000ミリグラム
Bプラセンタ含有量200ミリグラム

とあった場合多くはAの10,000ミリグラムを選んでしまいがちですよね。

けれどちょっと待ってください。

Aがプラセンタ原液を用い、Bはそのプラセンタドリンクの製造過程でBのプラセンタドリンクが「プラセンタを乾燥したプラセンタ末を200ミリグラム配合」だった場合、AもBもプラセンタの含有量は同じだというケースもあるのです。

プラセンタの処理・加工については、「薄める」、「原液のまま」、「濃縮された原末」というものがあり、プラセンタの含有量について、記載するときに現在は基準が設けられていません。

ただ逆にAもBも原液の配合量ということもありえます。すると単純にAの10,000ミリグラムの方が当然プラセンタの含有量は高いと言えるのです。

それはいくら成分表を読んでみてもわかることではありません。

飲み続けようと思うあたなは、その成分の配合量を確かめるために、メーカーに問い合わせてみるのもいいでしょう。

化粧水・美容液・原液などで肌にプラセンタを塗る!?

・分子量が3,000以上は、肌に入ってこれない

・分子量が3,000以下なら、皮膚表面を通過して、
角質層まで入ってこれる

・分子量が800以下で、肌を浸透して、真皮層まで届く

・分子量が300以下だと血管の中に侵入できる

出典 : http://cosme-mens.net/placenta-skin/

これが化粧品成分の分子と肌への浸透の仕組みです。では化粧品の成分としてメジャーで、私たちが肌への浸透を期待する成分はどうなのでしょうか?
その前に知っておきたいことが、私たちの皮膚には皮脂膜があり、そのため脂溶性の成分は肌に浸透しやすく、水溶性の成分は肌になじみにくいということもおぼえておいてくださいね。

【コラーゲン】

・動物性コラーゲンの分子量が30万~40万
・海洋性コラーゲンは10万
・加水分解コラーゲンが約1万
・コラーゲンペプチドが3,000~5,000
・超低分子コラーゲンが500~1,000

【ヒアルロン酸】

・ヒアルロン酸は100万~200万

出典 : http://cosme-mens.net/placenta-skin/

つまりコラーゲンやヒアルロン酸は肌の内部にまでは働きかけないのです。

けれど期待できるのは、角質層にとどまり、保湿をしてくるという効果です。

肌の角質層が保湿されれば細菌の侵入を防ぐ効果もあります。

また化粧水などに含まれることが多い、ビタミンC誘導体ですが、これは水溶性です。

脂溶性にする、ナノ化するなどの処理が行われていなければ、肌になじむことさえできず、意味がないものとなってしまいます。

では本題のプラセンタはどうなのでしょうか。

プラセンタの分子量は数万~数十万となっています。つまり、肌に浸透することはできません。期待できる効果は、

  • 保湿力
  • 紫外線防止効果
  • 肌の水分と油分をコントロールする

という働きは持っています。

けれどこれらはほかの化粧品成分にも当てはまることもあります。

プラセンタ配合だからといって、上述してきたような、ターンオーバーの正常化や、新陳代謝の活性化、抗酸化作用といった効果は期待できないのです。

やはりプラセンタは注射や経口でこそ効果を感じることができるのです。

また法律で、「化粧品成分は皮膚の奥まで浸透してはいけない」と定められています。

スキンケアとインナービューティー

外側からのケアはとても大事です。肌表面の角質層の状態が悪ければ「肌がきれい」とは言えません。

けれどその角質層を育てるのは角質層ではないのです。それによって、スキンケアと同時に、またはそれ以上にインナービューティーにもこだわるべきです。

その際に複合的な力を持ち、また成長因子という特別な力を持つプラセンタの摂取は注射であれ、プラセンタサプリ、プラセンタドリンクであれ、大いに取り入れるべきなのです。

化粧水や美容液に含まれるプラセンタは、本来の役割は果たせず、他の化粧水成分で代替できる程度の効果しか発揮できません。

プラセンタを「塗る」ときの注意点

さきにもお伝えしたのですが、プラセンタ配合の化粧品を使ったところ、接触性皮膚炎の症状が現れたというケースもありました。

そしてそれだけでなく、現在ほかの薬などを服用している場合、肝臓に負担がかかっているケースもあるため、さらにプラセンタを摂取したいと思う場合でも医師に相談することをおすすめします。

プラセンタ入門編

注射はちょっと・・・
ドリンクって高い・・・
というあなたならサプリメントをお考えかもしれませんね。ではどんなサプリメントを選ぼうと考えるのは当たりまえのことです。とりあえずメジャーなもので、それほどお値段も高くないと思えるプラセンタサプリを試してみるのもいいかもしれませんね。少しご紹介します。

・プラセンタ100
・DHCプラセンタ
・フラコラ「プラセントつぶ」
などが有名どころでしょうか。入門編としてトライしてみてもいいかもしませんね。

1、 プラセンタは胎盤
2、 胎盤は胎児と母親の連結経路
3、 プラセンタの原料はヒト・ブタ・ウマ
4、 プラセンタは安全
5、 プラセンタ利用で気をつけたいこと
6、 プラセンタの様々な薬理作用
7、 美白・アンチエイジング・疲労回復・更年期障害にも
8、 男性にもおすすめ
9、 プラセンタ注射を受けると献血ができない
10、 経口摂取
11、 ニキビにも効く!
12、 美容以外にも様々な効果がある
13、 プラセンタサプリやプラセンタドリンクを上手に利用
14、プラセンタを塗ってもあまり意味がない
15、スキンケアとインナービューティーどちらも大切!!
16、プラセンタ入門編にはコレがおすすめ!

プラセンタには成長因子が入っているんですね。これは、ほかのどんなサプリにも入っていない成分です。

そして更年期や肝機能アップの医療の中から生まれたプラセンタの様々な商品。

お読みいただいたのなら、もうその効果に、ワクワクしてしまいますよね。

美肌も若さも健康的な生活も手に入れることができるんです!!そんなプラセンタ、摂取しないなんてもったいないない!!

あなたもプラセンタを取り入れて、美肌と一緒に元気いっぱいの毎日を送りましょう!!

最近の投稿