肥満の原因はデブ菌にあり!?痩せ菌でスリムなお腹に!

2017年02月08日更新 ダイエット
デブ菌痩せ菌

デブ菌もしくは痩せ菌という単語を聞いたことがありますか?

最近話題になっている肥満に関係する菌のことです。

どんなに運動をしても食事制限をしてもヤセない!

そんな人は体内のデブ菌が原因となっているのかもしれません。

それとは逆の存在である痩せ菌にも注目をしていきたいところです。

デブ菌が少なく痩せ菌が多い人は、太りにくく健康的な理想の体形を維持できるのだとか・・・

そんなデブ菌と痩せ菌をよく知ることで、効率的に肥満を解消できる体質になれます。

今回デブ菌と痩せ菌という単語を初めて知った人のために、情報を分かりやすく特集した記事にしました。

デブ菌を減らし痩せ菌を増やしてくれるサプリについてもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧になってください。

デブにも関係する腸内細菌とはどういったもの?

腸

痩せ菌とデブ菌のことでまずご説明しなくてはいけないのが、腸内細菌のことです。

腸内には数100種類以上、600兆個以上の腸内細菌類が腸の壁面に生息しており、グループに分かれて多種多様に群生しているその様子はまるでお花畑のようであることから、腸内フローラと呼ばれています。

その腸内フローラの細菌は大きく分けて3種類あるって知っていましたか?

腸内細菌にはそれぞれに役割があるんです。

悪玉菌

下痢や便秘、胃腸炎などを引き起こす困った細菌です。

悪玉菌が増えると腸内環境が悪くなるので、何としても増殖を防ぎたい細菌です。

善玉菌

腸内環境を良くしてくれる細菌です。便秘を防ぎ胃腸を常にクリーンにしてくます。

健康的な体にするには必要な菌です。

日和見菌

悪玉菌か善玉菌、どちらになるかわかっていない状態の細菌です。

悪玉菌にも善玉菌にもなる可能性があるので、味方につけることができれば頼もしい存在ですね。

痩せ菌とデブ菌はこの日和見菌に属します。

痩せ菌・デブ菌とは一体どういったものなのか

  
デブ菌痩せ菌

痩せ菌(バクテロイデス門)とデブ菌(ファーミキューテス門)とはどういった細菌でしょうか?

まず重要となってくるのが デブ菌(ファーミキューテス門)の存在です。

デブ菌(ファーミキューテス門)はあまりに数が多くなりすぎると血中にある「短鎖脂肪酸」の働きを弱め、血中にある脂肪細胞の吸収がされづらくなります。

そうなると脂肪が蓄積されていき代謝も低下し美容に悪影響はもちろんのこと、肥満にもつながっていくというわけです。

逆に痩せ菌(バクテロイデス門)は「短鎖脂肪酸」を元気にするので、脂肪細胞の吸収を活性化させ余分な脂肪の蓄積や代謝の低下を防ぎ、食べても太らない体にしてくれます。

いわば痩せ菌(バクテロイデス門)とデブ菌(ファーミキューテス門)は同じく脂肪に関連する細菌でありながら、まったく逆の効果を持っている細菌といえるのです。

痩せ菌(バクテロイデス門)を増やしデブ菌(ファーミキューテス門)を減らしていくことができれば、肥満を防ぎ健康的な体作りをする事ができ、減量する際もとても効果的です。

ちなみにデブ菌(ファーミキューテス門)がどれくらい腸内にいるかは遺伝によって基本決まるとの事で、デブは遺伝するというのもあながち間違ってはいないんですね。

痩せ菌とデブ菌のチェック法ってあるの?

メガネとチェック

デブ菌を減らして痩せ菌ダイエットが、とても理にかなったダイエット法であることが分かっていただけたと思います。

でもそこでどうしても気になることがありますよね。

自分にデブ菌と痩せ菌(バクテロイデス門)が、どれだけあるかをチェックするにはどうしたらいいんでしょうか。

実は簡単にできるデブ菌と痩せ菌のチェック法があります。

それは調査会社に自分の便を送ってデブ菌痩せ菌を専門医の先生に調べてもらう方法です。

確実であるうえ自分はキットを使って、便をとった後に送るだけの簡単仕様なので負担が少ないのが魅力です。

検査期間も一か月程度で済むので、のんびりと待っていればいいだけです。

とっても簡単ですよね。

痩せ菌(バクテロイデス門)とデブ菌(ファーミキューテス門)が有名になってきた現在では、様々な会社が検査サービスを行っています。

特に有名なのがMykinso(マイキンソー)とウンログです。

どちらもデブ菌(ファーミキューテス門)と痩せ菌(バクテロイデス門)の比率をしっかりと調べてくれるので、自分の腸内環境を客観的にチェックするができます。

デブ菌(ファーミキューテス門)と痩せ菌(バクテロイデス門)のバランスを整えていくうえで絶対に役立つサービスといえます。

腸内の痩せ菌を増やす方法

腸内菌

効率的にダイエットをするには、デブ菌を減らして痩せ菌を増やしていくことが大切になります。

とはいっても、デブ菌を減らして痩せ菌を増やすには、具体的にはどうしたらいいんでしょうか?

腸内環境のデブ菌痩せ菌はもともと生まれ持ったDNAが関係することもあり、簡単にはいかないように感じます。

実はデブ菌を減らし痩せ菌を増やすには様々な方法があり、その増やし方を実践することで効率的に痩せ菌(バクテロイデス門)を増やしていくことができるんです。

その増やし方には便移植、食べ物、痩せ菌サプリなどの方法があります。

一体どういった増やし方なんでしょうか。以下に説明していきますね。

便移植によって痩せ菌を増やす方法

女医

実は痩せ菌(バクテロイデス門)を多く持った人の便を移植することによって、痩せ菌(バクテロイデス門)を増やすことができることが分かったんです。

アメリカはワシントン大学のジェフリー・ゴードン博士らのチームの研究で、デブ菌(ファーミキューテス門)を持ったマウスの便をほかのマウスに移植したところ体重が増え肥満状態になってしまったという報告があります。

その後、今度は痩せ菌(バクテロイデス門)を先ほどのマウスに移植したところ戦いが起き(細菌叢の戦い)その結果痩せ菌(バクテロイデス門)が勝利したということです。

この実験で分かったのはデブ菌(ファーミキューテス門)と痩せ菌(バクテロイデス門)では、痩せ菌(バクテロイデス門)のほうが優る存在であることです。

つまりうまく痩せ菌(バクテロイデス門)を増やすことができれば、とても効率的にダイエットができるというわけなんです。

とはいっても、便移植は現在簡単にできるものではなく、リスクも高い方法ですよね。そこでほかの方法もご紹介します。

デブ菌を減らしてくれる食べ物とは?

 
調理師

痩せ菌(バクテロイデス門)を増やしてデブ菌(ファーミキューテス門)を減らすには、普段の生活の食べ物から改善してくのが一番といえます。

食事に取り入れる事によって、口から直接腸内まで届きます。

では痩せ菌(バクテロイデス門)を増やして、しかもデブ菌(ファーミキューテス門)を減らす食べ物とはどういった食材なのでしょうか。

まず食べ物の特徴としては、水溶性食物繊維を多く含んでいることが望ましいといわれています。

野菜ではゴボウやオクラ、春菊などに多く含まれます。

水溶性食物繊維は糖質と脂質の吸収を抑えてくれるので「短鎖脂肪酸」が弱ったことにより脂肪をため込みやすくなった身体にはとっても助かる成分になっています。

他にも腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や強力な効果を発揮する納豆菌も有効的に働く性質があります。

また水溶性食物繊維には、腸内を洗浄し便通を良くしてくれる効果もあります。

便通がよくなれば悪玉菌の繁殖を防いでくれるので、普段の食生活の習慣に栄養として積極的に取っていきましょう。

痩せ菌を増やす食べ物はヨーグルト!

ヨーグルト

痩せ菌(バクテロイデス門)の勢力を増やしてデブ菌(ファーミキューテス門)を減らしていくには、ビフィズス菌を増やして腸内環境を良くしていくことが大切となります。

そこでおすすめの食べ物が発酵食品であるヨーグルトです。

ヨーグルトは乳製品であるためもともとビフィズス菌が多めです。

積極的に毎日の食事にヨーグルトを取り入れると、痩せ菌がどんどん増えていく事になります。

もし時間があるようならバナナを入れて食べることをおすすめですよ。

バナナには食物繊維やオリゴ糖が含まれていて、ヨーグルトの腸内環境活性化作用をさらに高めてくれます。

デブ菌を減らす食べ物もち麦ってなに?

もち麦

実は痩せ菌(バクテロイデス門)を増やしてデブ菌(ファーミキューテス門)を減らす食べ物で、最近話題になっている食べ物があります。

それがもち麦です。

もち麦には上記で挙げた水溶性食物繊維と、さらに不溶性食物繊も豊富に含まれています。

水溶性食物繊維には便を柔らかくして排出されやすくする効果があることを書きました。

実はそれに加えて不溶性食物繊維も一緒にとることで、さらに腸の蠕動運動を促し便の排出を助けてくれるんです。

便は悪玉菌の塊なので、スムーズに排出されることで腸内環境を良くしていくことができます。

食感ももちもちとしてるので満腹感があり、ごはんの食べ過ぎを防いでくれます。

最近では市販でも気軽に買えるので、スーパーやドラッグストアで探しみてください。

デブ菌を減らすには納豆も効果的

納豆

納豆に含まれる納豆菌はヨーグルトに含まれる菌よりも強力な菌であり、腸の中に長期間残り食べ物の消化を助けます。

食べ物の消化が遅いとそれだけ食べ物が胃の中に残ることになりますよね。

そうなると悪玉菌の餌となり、腸内環境が悪くなっていくことにつながります。

納豆菌は生きて腸を健康的にしていく菌なので、納豆も積極的に取っていきましょう。

デブ菌を減らす他の方法は?

ダイエット

食べ物以外にも減らす方法はあるんでしょうか。

まず大事なのは空腹の時間を作ることです。腸は空腹の時間がないとどんどんとデブ菌が増えてしまう性質を持っています。

ぐーっとお腹がなる時がありますが、その時こそ腸内で環境が整えられて、痩せ菌が増えデブ菌が減っているのです。

そしておすすめなのが運動です。デブ菌(ファーミキューテス門)が増えてしまう原因の一つが、便秘により悪玉菌が増えてしまい腸内環境が悪化してしまうことにあります。

そこで食べ物以外でも便通を良くして、結果的に減らしていくことが大切となるんです。

では運動で減らす方法を試すにはどういった運動がいいんでしょうか?

気楽に家でもできる方法に腹筋運動があります。

腹筋運動といっても腹筋を酷使する方法ではなく、もっと簡単な方法なのでぜひお試しください。

  1. リラックスしてあおむけになり、片足だけ上げます。
  2. お腹の下あたりに手を置き、片足を宙に浮かせます。
  3. その状態で5秒ほど停止しましょう。これを10回ほど繰り返して下さい。

この運動によって無理なく腹筋が鍛えられ、排便の際にスムーズに力を入れることができます。

運動によって減らす方法をぜひお試しください。

デブ菌を減らすサプリって?

サプリメント

デブ菌(ファーミキューテス門)を減らすサプリには様々ありますが、なんでもいいというわけにはいきませんよね。

デブ菌を減らすサプリは数多くありますが中には、あまり信頼がおけないものが多々あります。

サプリを選ぶ際は評判がよく、デブ菌を減らす効果が確かなものを選ぶのが一番です。

そこで今回特におすすめできるサプリをご紹介します。

デブ菌を減らすサプリランキング1位はこれ!

数あるデブ菌を減らすサプリメントの中でも堂々の第一位なのが今回のご紹介する「プレミアムスリムビオ」です。

商品名が検索された回数、販売実績、有効成分や実際の口コミなどを参考に作られたランキングで1位に輝く今最も人気のデブ菌を減らすサプリメントです。

雑誌でも紹介され、ダイエットに悩む世の女性たちの注目を集めています。

デブ菌・?せ菌を知っている人であれば知らない人はいないと言われるほどの商品ってご存知でしたか?

デブ菌を減らすサプリランキングの1位に輝くプレミアムスリムビオは一体どんな商品なのか見ていきましょう。

痩せ菌を増やす!プレミアムスリムビオ

プレミアムスリムビオ

プレミアムスリムビオはEC-12・スマート乳酸菌&茶カテキン・ビフィズス菌B-3といった腸内環境を良くしてくれる成分が豊富に含まれているんですよ。

それぞれの効果を具体的にご説明していきますね。

乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12は殺菌されている非常に安定性がある乳酸菌で、保存がしやすく長持ちするのが大きな特徴となります。

通常の乳酸菌は胃の中の胃酸で死んでしまうことが多く、摂取してもあまり活躍することができません。

比べて乳酸菌EC-12は熱に強くできているので、胃の中に入っても死んでしまうことがなく生きて腸で活躍することができます。

そうなると疑問が出てきますよね。乳酸菌EC-12は殺菌されているものなんだから、乳酸菌は最初から死んでいるのではないの?

結論から言うと乳酸菌EC-12は死んでいる乳酸菌といえます。

でも死んでいる乳酸菌だからといって、胃に悪いわけでも効き目がないわけでもないんです。

実は死んでいる乳酸菌には善玉菌の餌となる役割があり、善玉菌は死んだ乳酸菌を食べることで活発に働くことができます。

善玉菌が活発に働くと悪玉菌を追い出してくれるばかりか、腸内環境を活性化して痩せ菌(ファーミキューテス門)を増やしやすい環境にしてるんです。

しかも乳酸菌EC-12は非常に細かい粒になっているので、腸に吸収されやすく効率的に乳酸菌を行きわたらせやすくしてくれます。

乳酸菌を効率的に届けるためには、乳酸菌EC-12はとてもおすすめできる成分なんですね。

スマート乳酸菌&茶カテキン

痩せる
「スマート乳酸菌」とはタンナーゼ産生能力を持った乳酸菌のことを言います。

タンナーゼ産生能力は日本人が好んで食べる漬物になどに含まれている成分で、ポリフェノールの腸内吸収率を上げてくれる効果があります。

ポリフェノールにも腸内環境を良くしてくれる効果があるので、腸内に行きわたりやすくなるのはとっても助かりますよね。

茶カテキンには優れた殺菌能力があるので、悪玉菌の繁殖を抑えてくれます。

ビフィズス菌B-3

ビフィズス菌B-3は森永乳業が長年かけて見つけ出した乳酸菌で、短鎖脂肪酸を作り出し脂肪の蓄積を防いでくれます。

加えて腸のバリア機能を高めてくれる効果もあるんですよ。

デブ菌サプリ「プレミアムスリムビオ」の口コミ

45歳 女性 栃木県 評価:★★★★★
理想の痩せ方が出来ました!

更年期でお腹の張りが気になっていたのですが、まさかデブ菌のせいだったなんて…。
昔から食べるとすぐに太る体質で、どうにかならないのかな?と約半世紀も悩んでいました。
ふと雑誌で目にしたデブ菌と痩せ菌、それにプレミアムスリムビオ。
このサプリメントに出会ってから理想的な痩せ方が出来ました!
本当に買ってよかったと思っています。

32歳 女性 東京都 評価:★★★★★
あの脂肪はどこへ?笑

20代を過ぎたとたんにお肉を蓄え始めた私の体。
もぅやめて~~という願いも空しく日々太っていました。
見かねた友達からおすすめされたのが「プレミアムスリムビオ」でした。
食べてみると

27歳 女性 千葉県 評価:★★★★★
本当にサプリを飲むだけ!

運動しなきゃ痩せないでしょ?とこのサプリメントを飲むまで私もそう考えていました。
運動しても痩せない・食事制限をしても痩せないというまさにデブ菌増殖体質ともいえる私の身体に必要なのはこのサプリメントでした。
プレミアムスリムビオを飲み始めて2か月目ですが、なんと体重が3キロも落ちています!
今までのダイエットでここまで落ちたことはなく、非常に驚いています笑
リピ確定の友達にもお勧めしたいと思える素晴らしい商品です!

プレミアムスリムビオは市販で買えるの?

ストア

そんなプレミアムスリムビオですが、市販で購入することは可能なんでしょうか。

残念ですが今のところドラッグストアなどでの購入は難しい状況です。

そのため購入するなら通販サイトを探してみるのが効率的ですね。

amazonや楽天市場で買えるの?

ノートパソコン

通販サイトの大手といえばamazonと楽天市場ですが、残念ながら現在amazonや楽天市場で買うのは難しいといえます。

そのため買うなら公式通販サイトでの購入がおすすめといえますね。

プレミアムスリムビオを販売、運営をしている、株式会社アンビシャスでは定期便コースを設定しています。

初回限定75%オフなど時期によって様々なセールをしているのでぜひご検討ください。

プレミアムスリムビオ公式

プレミアムスリムビオは効果がない!?

KK23

利用者の中には、プレミアムスリムビオを使っても効果がないと感じている人がいます。一体どういったことなんでしょうか?

プレミアムスリムビオの効果はあくまで腸内環境を整え痩せ菌(バクテロイデス門)を増やし、デブ菌(ファーミキューテス門)を排除しやすい状態にすることが目的となります。

そのためプレミアムスリムビオさえ使用していれば、いくらでも食べてもいいというわけではありません。

カロリーオーバーになれば当然のように肥満になるので、食事は上記に挙げたような腸内環境を整える食事をとるようにしましょう。

痩せ菌を増やすサプリメントもある

デブ菌を減らすサプリメントがあるのであれば痩せ菌を増やすサプリメントもあるんじゃないの?と思った方、とても良い勘をしています!

実はデブ菌を減らすサプリメントのほかにも?せ菌を増やすサプリメントもあります。

デブ菌を減らしつつ?せ菌を増やせれば効果的なダイエットが行えるので、デブ菌対策と一緒に痩せ菌を増やす対策をすることが非常に大切です。

そのために痩せ菌を増やすサプリメントは欠かせません。

痩せ菌もサプリメントで増やして効果的なダイエットをしましょう!

痩せ菌を増やせるLAKUBI(ラクビ)とは?

KK24

プレミアムスリムビオと似た商品にLAKUBI(ラクビ)というものがあります。

こちらは、メーカーは違うのですが、プレミアムスリムビオに負けないくらいの人気がある商品です。私も愛用しています。

プレミアムスリムビオが錠剤になっているのに対し、LAKUBI(ラクビ)はカプセル状になっているのでこちらのほうが飲みやすい人はご検討ください。

痩せ菌とデブ菌について最後に思うこと

KK25

痩せ菌(バクテロイデス門)を増やしデブ菌(ファーミキューテス門)を減らしていくことは、今やダイエットには不可欠です。

ダイエットを頑張っているのになぜだかヤセない。そんなに食べていないのに太った!そんな人は腸内環境の悪化が理由に考えられます。

痩せ菌(バクテロイデス門)は放っておいて増えるものではないので、積極的に増やしていくことが大切です。

食べ物や運動で痩せ菌(バクテロイデス門)を増やし、デブ菌(ファーミキューテス門)をなくしていきましょう。

今回の記事の効率的な読み方は以下の通りです。

  1. 腸内細菌の種類について知り、痩せ菌デブ菌の立ち位置を知る
  2. 痩せ菌やデブ菌がどういったものなのかを詳しく知る
  3. 自分の腸内の痩せ菌およびデブ菌の比率を知り、自分の状況を客観的に知る。
  4. 痩せ菌を増やしデブ菌を減らす食べ物を知り、なるべく食事に取り入れるようにする
  5. 便秘を解消する簡単な運動を交えつつ、健康的な生活をしながらおすすめのサプリメントを利用する

痩せ菌(バクテロイデス門)を増やしデブ菌(ファーミキューテス門)を減らすことで健康的なダイエット生活を始めましょう。

最近の投稿