海に行く前には注意!ビキニラインの黒ずみ対策!

2017年01月10日更新 お尻
ビキニライン

ビキニラインの黒ずみは恥ずかしいもので、他人に相談もできずに悩んではいませんか?
黒ずみはそのまま放置しても自然治癒することがないので非常に厄介です。
そこで今回は、ビキニラインに黒ずみができる原因から、ケア・解消方法まで案内していきますので、
見られても恥ずかしくないビキニラインにしちゃいましょう。

ビキニラインが黒ずみになる原因とは?

ビキニラインに出来る黒ずみはちょうど足の付け根から見える位置に出来ることが多く、
水着を姿のときは特に恥ずかしいものです。

なぜ、ビキニラインに黒ずみはできるのか?主な原因は3つあります。

  • 日焼けによるメラニンの色素沈着
  • ホルモンバランスの影響
  • 摩擦による刺激

これらが関係しており、普段から気をつけないと簡単に黒ずみの原因を作ってしまいます。

ひとつひとつ見ていきましょう。

日焼けによるメラニンの色素沈着

肌はダメージを受けるとメラノサイトが働き、メラニンを生成し肌を黒くしてしまいます。

日焼けは紫外線によるダメージを肌に受けるので、メラニンが色素沈着し肌そのものを黒くてしまいます。
これがビキニラインなど色素沈着しやすい部分だと黒く残ってしまうのです。

ホルモンバランスの影響

女性は生理不順や妊娠、出産など女性ホルモンの分泌が乱れることがあります。

この女性ホルモンの変化がビキニラインや顔、身体のさまざまな部分に色素沈着として現れることがあります。

ホルモンバランスの乱れによる黒ずみであれば、出産後などホルモン分泌が正常化すれば
基本、色素沈着も落ち着き、黒ずみも自然に消えますので特に心配はありません。

摩擦による刺激

ビキニラインをはじめ、多くの黒ずみの原因は肌への「摩擦による刺激」が関係しています。

肌に刺激を受けたときに防御反応でメラニンを生成させ、ターンオーバーを早め角質層を暑くしたりもします。

ビキニラインは普段履いている下着のゴム部分が摩擦による刺激を受けやすく、
皮膚が分厚くなることを「過角化」が起こりやすい部位です。

過角化した肌は乾燥しやすく、ざらつきやくすみが目立ち、黒ずんでみえるのです。

また、ビキニラインをカミソリなのでムダ毛処理をするのも摩擦による刺激が生じます。

一度黒ずみを作ってしまうと、解消するのに時間がかかるのでムダ毛処理をする際は、
摩擦による刺激が生じない、脱毛方法で処理するようにしましょう。

ビキニラインの黒ずみを予防する方法

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因はメラニンの色素沈着です。

生活習慣となり無意識に黒ずみの原因を作ってしまっていることもあるので、
自分に当てはまるものがないか確認し、しっかりと予防しましょう。

サイズの合わない下着は避ける

サイズの合わない小さい下着は、肌への摩擦が多くなります。

黒ずみを呼ぼうする上で、肌への刺激をできる限り減らすことが大切で、下着の材質を選ぶ際は、
コットンやシルクなどの肌に刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

また、就寝時は下着は身に着けなくするか、男性が履くボクサーパンツタイプの下着を履くことで、
摩擦による刺激を減らすことができます。

ビキニラインの乾燥を防ぐ

保湿力の高いクリームなどを塗ることで、乾燥による黒ずみを予防することができます。

有効成分は、セラミドやコラーゲンといった保湿成分のほかに、シミを予防するビタミンE、
角質を柔軟にするヒアルロン酸などの美容成分が豊富に含まれているクリームがおすすめです。

特にビキニラインの黒ずみが気になるという方は、美白成分の配合されているクリームが効果的です。

ビキニラインの洗い方に気をつける

ビキニラインを綺麗に保ちたいという気持ちからゴシゴシと洗ってしまう方がいます。

ゴシゴシと洗ってしまうと、摩擦が生じ黒ずみなどのトラブルの原因になります。

ビキニラインを洗うときは、石けんを泡立ててやさしく丁寧に洗うようにし、
入浴後は肌が乾燥しやすいので保湿ケアも忘れずに行うようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するには?

既にデリケートゾーンに黒ずみが出来てしまった場合はどのように改善すれば良いのか?

見てみましょう。

黒ずみ解消に効果的な栄養素を摂りいれる

黒ずみ解消に効果的とされる栄養素は、ビタミンC、Eなどの抗酸化作用が強いものです。

ビタミンCが多く含まれる食べ物は、
レモン、パセリ、ゆず、いちご、赤ピーマン、黄ピーマンなど

ビタミンEが多く含まれる食べ物は、
いくら、アーモンド、たらこ、とうがらし、とうもろこし油など

これらの栄養素は美白効果もあるので、身体に摂りいれることで、身体の内側から黒ずみを解消してくれます。

黒ずみ対策用の専用クリームを使う

即効性が一番高い方法は、黒ずみ対策用の専用クリームを使うことです。

ビキニラインの黒ずみ解消に効果的とされている専用クリームはいくつもありますが、
「美白成分」で選ぶのがポイントです。

高い効果と人気、安心感のある商品をひとつ紹介しておきます。

<Ibiza(イビサ) ホワイトニングクリーム>

Ibiza(イビサ) ホワイトニングクリーム

出典 : http://www.cosme.net/

商品名 Ibiza(イビサ) ホワイトニングクリーム
販売元 株式会社ファイブテイルズ
値段 7,000円
内容量 35g
有効成分 トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
公式サイト https://ibizabeauty.net/

イビサクリームの「トラネキサム酸」は、厚生労働省が美白効果があると認めている成分で、
よく美白に使われるビタミンC誘導体よりも美白効果が高い成分とされています。

この、イビサクリームはブラジリアンワックス脱毛サロンが企画開発したビキニラインの黒ずみをはじめ、
ワキ、バストトップなど女性が特に気にする黒ずみをトータルケアするホワイトニングクリームです。

トラネキサム酸でしっかりと美白ができ、
ヒアルロン酸を超える保湿力のシロキクラゲ多糖体で過角化を予防、
黒ずみにWでアプローチしてくれます。

Ibiza(イビサ) ホワイトニングクリームの口コミ

デリケートゾーンと、バストトップに毎日お風呂上りに1回、おしまずにたっぷりつけてます
バストトップは、使用前に写真を撮っておいたので一ヶ月使用の時点でまだ写真を撮ってみたら…明らかに黒ずみが薄くなってる!
さらに2週間たった今、目視でも色が薄くなったのがわかるレベルにまで薄くなりました
私の体質と相性が良かったのかな、効果がはっきり出てくれて嬉しいです

出典:http://www.cosme.net/

Vラインの黒ずみが気になって購入しました。
効果は、まだ1本目が終わるところなので消えたというわけではありませんが、心ばかりか少し薄くなってきたような気がします。

出典:http://www.cosme.net/

明らかに黒ずみが薄くなっているという方、徐々に薄くなってきているのを感じている方、
黒ずみ対策としての効果は期待できるのがわかります。

まとめ

今回は、デリケートゾーンの黒ずみの原因から予防方法、改善方法まで案内してきました。

まとめると、

  • 黒ずみの主な原因はメラニンの色素沈着と摩擦による刺激
  • サイズの合わない下着は避け、しっかりと保湿し予防する
  • 黒ずみ解消に効果的な栄養素を摂り入れる
  • はやく改善したいときは、専用クリームを使う

以上が今回のまとめになります。

デリケートゾーンの黒ずみは普段からしっかりとケアすることで予防はできます。
また、黒ずみになってしまっても専用クリームなどを使うことで改善はできますので、
誰かに見られる前にしっかりとキレイにしておきましょう。

お尻の黒ずみに関しては、こちらをご覧ください。

最近の投稿