イボ治療なら市販の飲み薬がおすすめ!分かりやすく解説

2017年08月03日更新 スキンケア
イボ治療なら市販の飲み薬がおすすめ

あなたはイボが飲み薬で治るという話を、聞いたことがありませんか?

イボ専用の薬がたくさん販売されていますが、その中でも特に飲み薬をおすすめしたいんです。

というのも飲み薬にはたくさんのメリットがあるんですよ。

一体どういうことなんでしょうか?詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

イボにはたくさんの種類がある

イボにはたくさんの種類がある
イボ対策をするにあたり、知っておかなくてはいけないことがイボの種類です。

実はイボには種類があり、その種類によって対策法を変えていく必要があるんです。

ウイルス性のイボ

ウイルスに感染することによって、イボが出来てしまうことがあります。

「ヒトパピローマウイルス」というウイルスがあるんですが、このウイルスは人から人へ感染する可能性があり、とても厄介な存在といえます。

健康な方には移りにくいですが、免疫力が下がっている人は注意が必要です。周りにイボが出来ている方がいるときや、誰かに移してしまっている可能性があるときは医師に診断してもらい抗生物質を出してもらいましょう。

老人性イボ

老人性イボは加齢や摩擦、紫外線など、肌へのダメージが原因で出来てしまうイボです。加齢により肌の代謝が悪くなると、老廃物の蓄積などが起こりイボを引き起こします。

他にも紫外線や摩擦などにより肌へのダメージが強くなると、肌のターンオーバーが阻害されイボが出来てしまうことがあります。

ほとんどのイボはこの老人性イボであることが多く、イボ専用の市販薬でも対応が可能です。

イボ対策には飲み薬が最適

飲み薬が最適
イボ対策には飲み薬が最適だという話をしました。その理由は安全性にあります。

イボ専用の市販薬には液状や軟膏タイプのものがありますが、人によって炎症を起こしてしまうことがあります。

特に刺激の強い薬は使える部分が限られており、皮膚の薄い顔やデリケートゾーンなどに対処出来ないことがあるんです。

これでは体全体に使っていくことは出来ませんね。

そこでおすすめしたいのが飲み薬タイプの市販薬です。飲み薬タイプは刺激が緩やかで、副作用の可能性が低いんです。

飲み薬タイプなら体全体のイボに作用して、効率的にイボ対策を行うことが出来ます。

リスクが低く誰でも使用がしやすいのでとても使い勝手がいい製品といえます。イボ対策初心者の方に特におすすめしたいですね。

飲み薬タイプは全く副作用がないの?

副作用
安全性が高い飲み薬ですが、絶対に副作用がないとは言い切れません。どんな薬にもリスクはあります。

飲み薬に含まれているヨクソニンは、人によってアレルギー反応を起こす可能性があります。

飲み薬タイプを使用するときは、必ず説明書を読み最初のうちは一錠だけにするなど、工夫をすることでリスクを回避していきましょう。

イボに効果がある飲み薬をご紹介

飲み薬をご紹介
イボに効果があるとされる飲み薬にはいくつか種類があり、選ぼうと思うと迷ってしまう方もいるでしょう。そこで特におすすめしたい市販の飲み薬を、いくつかご紹介しようと思います。

イボコロリ 内服錠

イボコロリ 内服錠
出典 : http://www.181109.com/item/25100/

イボ専用の市販薬の中でも特に人気のある商品です。ヨクソニン配合で老人性イボや、肌荒れなど肌の問題解決に効果的な市販薬で、Twitterでもよく話題になっていますね。

ドラッグストアで見かけることが多く、簡単に買えるのも魅力的な点といえます。

錠剤のサイズも小さく飲みやすいので、大きいと飲みにくい方にもおすすめできる飲み薬です。

ヨクイニンエキス顆粒

ヨクイニンエキス顆粒
出典 : http://www.kracie.co.jp/products/ph/1201734_2220.html

顆粒タイプの飲み薬です。イボ治療はすぐに済むものではなく、ある程度時間をかける必要があります。そのために大切なポイントは飲みやすさですよね。

ヨクイニンエキス顆粒は、癖がなく飲みやすいと評判の市販薬です。錠剤が苦手!のどに詰まる!というタイプの方はこちらがおすすめです。

ヨクイニンS「コタロー」

ヨクイニンS「コタロー
出典 : https://www.kenko.com/product/item/itm_8951221072.html

こちらもよくドラッグストアで見かける市販薬です。ヨクソニンが2,000mgも配合されており、本当にイボを治したい!そんな方にはぴったりの飲み薬といえますね。

ただ一日15錠も飲むようになっているので、人によっては面倒だと感じるかもしれません。

イボ対策をするなら、効率よく行っていこう

効率よく行っていこう
イボ対策を本格的に行っていこうと思うと、何かと時間がかかりがちですよね。そのためイボ対策で重要なのは、いかに効率よく行っていくかです。

特に老人性イボは様々な部分に出来る可能性があり、ピンポイントで狙っていくと時間のロスとなる可能性があります。

その点、飲み薬タイプは体全体に効果が浸透するので、全体的にケアをしていくことが出来ます。

安全性が高く効率もいい飲み薬タイプを使用することで、安心しながらイボ対策を行っていきましょう。

最後にこの記事の読み方のまとめです。

  • イボの種類を知り、知識を深めていく
  • イボ対策に飲み薬をすすめる理由を知り、自分の中で考えてみる
  • 市販で買える飲み薬の存在を知り、購入を検討してみる

最近の投稿