クッションを活用しお尻の黒ずみを解消!簡単にできる予防と対策

2017年08月07日更新 お尻
クッションを活用しお尻の黒ずみを解消

皆さんはお尻に黒ずみが出来てはいませんか?

お尻の黒ずみに悩む人はデスクワークなど長時間座っている人に多い傾向にあります。

そんなお尻の黒ずみですが、実は硬いところに座ることで肌に負担がかかるために黒くなってしまいます。

今回はそんなお尻の黒ずみをクッションで無くす方法をご紹介します。

黒ずみが気になる方や予防したい方はこの記事を読んで黒ずみ対策をしましょう。

どうしてお尻に黒ずみが出来るの?

どうしてお尻に黒ずみが出来るの

お尻が黒ずむ原因は長時間座っている事で肌に負担がかかり、刺激で黒くなります。

乾燥肌の人は黒ずみやすいと言われていますので自分は乾燥肌だという方は特に注意しましょう。

乾燥肌は保湿クリームを塗れば大丈夫ですが、長い間椅子に座りながら仕事をしている方はどうしようもないですよね。

でも大丈夫、実は簡単に黒ずみを無くせるんです!

私たち日本人のお尻は海外の人に比べるとお肉が少ないため座ると肌にかなりの負担がかかってしまいます。

そのためデスクワークをする人はクッションを使っているのではないでしょうか。

このクッション選びがとても重要で、お尻の黒ずみを改善出来るかどうかはこのクッション選びにかかっていると言っても過言ではありません!

ではどのようなクッションを選べば効果的か、選ぶときに見るポイントと種類についてまとめてみました。

今使っているクッションを見る

今使っているクッション

まずは今使っているクッションを見てみてください。

使い古してペチャンコになってはいませんか?

潰れてペラペラになっているクッションはお尻にかかる負担をやわらげてはくれませんので即捨てましょう

また、座布団のように厚みがあまりないものも適さないのでこれを機に買い替えることをオススメします。

クッション選びで失敗しないために

クッション選びで失敗しないために

クッションと一言で言ってもその数はとても多いものです。

amazonや楽天で見てもいろいろな形があるし、どれを選べばいいかわからない・・・と悩む人も多いのではないでしょうか。

でも安心してください。

これからクッションの種類とそのポイントをわかりやすくまとめてみましたので参考にして自分に合ったものを選んでみてください。

デスクワーク向けの低反発クッション

デスクワークをする人向けに作られているクッションがあります。

ほとんどが低反発クッションで座ると沈み込んでお尻の形をキープしてくれます。

低反発クッションはウレタンフォームという素材で出来ていて、自動車や航空機の座席にも使用されている素材なので信頼性もあります。

また、自分のお尻に合った形になってくれるのでクッション選びで形を気にする必要がないのも利点です。

もしクッション選びに迷ったら無難に低反発クッションにしてみましょう。

ドーナツ型のクッション

座布団や低反発枕のように全面がクッションになっているタイプではなく、お尻の部分に穴がポッカリと空いたものがドーナツ型です。

ドーナツ型の利点はお尻全体にかかる負担を分散させると共に一番負担がかかりやすいところが浮くので黒ずみの原因となる負担が軽減することです。

主に痔や尾てい骨などお尻周りの病気の人が使うものですが、黒ずみ対策には十分な効果が望めます。

メイクヒップスベーグルクッション

あまり聞きなれないと思いますが、分かりやすく言うと先程のドーナツ型が2個つながったものです。

お尻りを引き締めて美尻効果アップ!という商品ですが黒ずみ対策にはもってこいの商品です。

お尻の骨がある部分に穴が開いているため、負担がかかりにくく長時間座っていても負担になりません。

また、しっかりと厚みがあるため潰れにくく長く使える商品が多いです。

二つのクッションが合体したような形で、真ん中部分は綿がないため折って使うこともできます。

普段から片側に体重が偏ってしまう癖がある方はこのような美尻効果のあるクッションを使って正しい姿勢に矯正するのもいいでしょう。

そしてなんといっても値段が安いです。

大手通販サイトで1,000円前後で購入できますので、時間のない方でも簡単に入手が出来ます。

このくらいの安いものでしたら潰れたら心置きなく新しいものを買えますね。

空気を入れて膨らますエアークッション

エアークッションは空気を入れて膨らますので自分の好みの硬さに調整できる利点があります。

また、持ち運びも便利で空気を抜けばどこにでも持って行けます。

価格は2,000円前後と低反発のメイクヒップスベーグルクッションと比べるとやや高めですが、利便性を考えるとちょうどいい価格です。

ですが注意しなくてはいけないのが破れたら使えなくなってしまうことです。

小さい穴などでしたらテープで塞げますが、完全に破れてしまうともう処分するしかありません。

ご自身の体重を考慮して選んでみましょう。

ケツ毛の処理方法まとめ

お尻の黒ずみはクッションで解消

いかがでしたか?

お尻の黒ずみはクッションで解消することができます。

今回紹介した内容を参考にクッションを選んでお尻の黒ずみを解消しましょう。

また、このようなクッションと併せてクリームを塗ってケアをして治すことも大切です。

どうしても黒ずみが取れない場合は一度皮膚科を受診して治療しましょう。

最近の投稿