黒ずみのできる原因や改善方法は?おすすめケア商品3選!

2016年10月14日更新 黒ずみ
黒ずみ

身体のいろいろなところにある黒ずみ・・

できるなら解消したいですよね!

そこで今回は黒ずみの原因やケア商品を大公開していきます。

これを読めば黒ずみ対策が完璧にできますよ!

ぜひ参考にしてくださいね!

そもそも黒ずみとは・・・?

はてな

ではそもそも黒ずみとはなんなのか見ていくことにしましょう。

黒ずみとは、肌や毛穴が黒く変色することを言います。

  • 毛穴が詰まる
  • 乾燥から角質が硬くなる
  • 摩擦によるメラニン

黒ずみにはこの3種類があげられます。

体のいろいろな部位で起こる黒ずみですがそれぞれに異なった要因があげられるのです。

黒ずみが起こる部位と原因を大公開!

大公開

では黒ずみのことについてもっと詳しく見ていきますよ。

黒ずみは肌のいろいろな部位で起こります。

脇
出典 : http://hadalove.jp/underarm-smell-care-32141

まずは脇の黒ずみからです。

結構脇の黒ずみで悩んでいる方はたくさんいます。

脇の黒ずみの原因は2つに分かれます

  1. メラニン発生による色素沈着
  2. 角質や皮脂のよごれ

メラニンによる色素沈着はお肌に刺激があると、メラサイトという細胞がお肌を守ろうと働きます。

これにより黒ずみが発生します。

脇のムダ毛処理はもっとも黒ずみの原因になります。

カミソリや毛抜きといった方法はお肌にかかる負担が多大で、メラニンによる色素沈着が起こりやすいのです。

鼻
出典 : https://nicoly.jp/article/975

次は鼻です。

鼻の黒ずみはぞくに呼ばれる『イチゴ鼻』のことを言います。

イチゴ鼻は古い角質や、汚れ、皮脂が毛穴につまり、参加してしまうことによっておこるものです。

この詰まったものを『角栓』といいます。

聞いたことがある方も多いいと思います。

この角栓がつまり、毛穴が広がってしまい、毛穴のかげが黒く見えてしまうのです。

さらに紫外線によりメラニン色素が増え黒く見えてしまっている場合もあります。

自分の鼻を触ったときに

ざらざらしている⇒角栓が原因の黒ずみ

ざらさらしていない⇒メラニンによる黒ずみ

このようになります。

ぜひチェックしてみてくださいね。

お尻

お尻
出典 : http://www.kyodo.co.jp/mamegaku/2015-02-02_1470494/

次はお尻ですが、お尻の黒ずみの原因は『摩擦や体重による負荷』が原因で起こります。

下着や洋服とすれたり、体をゴシゴシ洗ったりすると、摩擦が起こりそれが黒ずみの原因となります。

さらにデスクワークの人は注意が必要です。

ずっと座っているとお尻の体重によってお尻の血行が悪くなります。

血行が悪くなると、角質がいつまでも残ってしまうので黒ずみとなるのです。

さらにお尻は汗を多くかく部分でもあります。

そのため、あせもやニキビができる部分でもあります。

かきむしってしまったり、ニキビがつぶれニキビ跡になってしまった後も黒ずみの原因となります。

デリケートゾーン

デリケートゾーン
出典 : http://デリケートゾーン-黒ずみ.biz/hudan-taisaku/

最後はデリケートゾーンになります。

デリケートゾーンも黒ずみやすい部分になっています。

角質層がとっても薄く、下着、ナプキンといった摩擦ですぐに黒くなってしまうんです。

さらに、自己処理している人も多いと思いますがカミソリも黒ずみの原因になっているんですよ。

また、デリケートゾーンは加齢やホルモンバランスでも黒ずみになるのです。

妊娠中は黒くなる傾向にあります。

黒ずみ対策!日頃から気をつけること3つ!

①刺激を軽減させる

  • 自己処理は肌に優しいシェーバーを使用
  • 下着はシルクかコットン素材のものをはく

黒ずみは肌の摩擦が原因でおこるのがほとんどです。

そこで日頃からあまり摩擦を与えないようにするのが大切です。

足を組んで座ったり、ジーンズも摩擦が起きるので黒ずみを引き起こします。

②圧迫させない

体重がかかると結構が悪くなり、肌の黒ずみとなります。

座りっぱなしというかたはクッションを使用して座るとだいぶ違いますよ!

③紫外線対策をする

紫外線はメラニン色素を増やしてしまんです。

そのため紫外線対策をしないと、黒ずみになってしまうんですよ!

日焼け止めはとっても大切!

外に出るときは紫外線対策をしましょう。

以上3つが日頃から気を付けるポイントになります。

この3つを徹底することで、結構改善されるんですよ!

実行する価値ありです。

黒ずみを解決!おすすめのケア商品3選!

しかーーーーし!!!実際は日頃気をつけるのってなかなか大変ですよね。

そこで!手軽に黒ずみのケアができちゃうおすすめのケア商品を3つ紹介していきます!

①ピーチローズ

ピーチローズ
出典 : http://www.cosme.net/

楽天やアットコスメで1位を受賞した黒ずみケア商品になっています。

高分子ヒアルロン酸が肌の表面にとどまり、うるおいを閉じ込めてくれます。

さらに黒ずみ解消に効果のある高濃度プラセンタとアルブチンが超低分子化されたヒアルロン酸によって角質の奥まで浸透するんです。

無着色、無鉱物油、ノンアルコール、パラベンフリーと無添加にこだわっているので全身に使うことができます!
60日間の返金保証制度もついています。

【口コミ】

・肌がキレイになるし、ヒップラインもまぁ整ってきたし、大満足!もうしばらく続けて、さらなる美尻を目指します!

・肌艶が全然違ってびっくりしました!やっぱり専用のケアコスメって使うべきだなって思います。今までのケアでは成しえなかったスベスべの手触りに大満足です!!

・初めて塗った翌日から、手触りがすべすべに。
一週間も塗っていたら、ざらつきは全くなくなった上に、黒ずみがだいぶ目立たなくなりました。

出典 : http://www.cosme.net/

②アットベリー

アットベリー
出典 : http://www.cosme.net/

2016年黒ずみケア専用コスメアンケート調査で、価格、信頼、安心安全、人気、満足度すべてにおいて1位をとった商品になっています。

コラーゲンやオリゴヒアルロン酸をナノ化しているので、角質のおくまで成分が届き、内側からケアをしてくれるんです。

さらに肌の表面には高分子のヒアルロン酸が集中的にケアしてくれています。

そしてセラミドやエラスチンがバリアの役目をしています。

着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベンと無添加に徹底的にこだわったつくりなのもうれしいですね。

アットベリーはこちらから

アットベリーの口コミ

・モニターでもらいました。使い続けてると、黒ずみが薄くなった気がしました、良いと思います。

・黒ずみが特に気になるヒジやヒザ、ワキに塗ってみました(^^)全然ベタベタしないでサラサラ!
お風呂上がりでもストレスなく塗れました!一回使っただけでもワキの黒ずみが薄くなりました♪
これからも持続して使っていきたいです(*´∀`)

・今までも使用経験があるアットベリー。夏は特に気になるのひじ、ひざのカサカサと黒ずみ。使用し始めてから少しづつ健康的な肌に近くなり、夏のマストアイテムです!

出典 : http://www.cosme.net/

③ピューレパール

ピューレパール
出典 : http://www.cosme.net/

2015年にモンドセレクションを金賞した人気商品になっています。

プラセンタ、米ぬかエキス、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸の4つの美白効果が、肌の角質まで浸透し黒ずみを改善してくれます。

安心安全の国内生産で、無添加・低刺激に徹底的にこだわった作りになっています。

黒ずみだけではなくにおいのもととなる菌を抗菌・雑菌してくれるので、臭い対策にも使用できます。

⇒ピューレパールはこちらから

【口コミ】

・さらっとしているのに保湿力があるので、カミソリで乾燥してしまった部分のしっとりすべすべ。保湿されることで痒みも起こりづらく、脇の肌環境が良くなるように感じました。

・ワキの黒ずみ専用のクリームということですがワキ以外にも使えるということで、膝や肘、ブイラインの黒ずみにも使用しています。一週間ほど経ち、すこしうすくなっているのがわかります。

・お肌にやさしいつくりで贅沢な保湿成分と美白成分が入ってるところがいいです。
塗った後はべたつかないので夏でも気にならないです。
保湿のおかげかお肌の表面のポツポツが少しなめらかになってきてます。

出典 : http://www.cosme.net/

⇒以上3つが効果のある商品になっています。

その製品も無添加にこだわっていて、国内生産なので安心して使うことができます

さらにVラインにも使うことができるので安心してくださいね!

ハイドロキノン成分に注意!

注意

実は『黒ずみ 解消』と検索をかけるとハイドロキノンという言葉が出てくると思います。

このハイドロキノンとは、色素沈着した部分にぬるととても効果があり、皮膚科や美容外科で処方してもらうことができる薬です。

美白効果がとても高く、肌の漂白剤とも呼ばれている強い薬になっています。

強い薬のため副作用が多数報告されています。

  • かぶれ
  • かゆみ
  • 炎症

このような副作用が挙げられます。

さらに使用方法を間違うと、肌の一部だけ白くなってしまう『白斑』というものになってしまう場合もあります。

中には海外メーカーから取り寄せたり、自己判断で市販のものを使うかたがいますがこれは絶対にNG。

病院のものよりハイドロキノンの成分が多く入っている場合があります。

病院に行き先生の診断、指導のもと使用するようにしましょう。

用法は確実に守らないと肌にダメージをあたえてしまいますよ。

実は鼻の黒ずみは洗顔の仕方で治る!

黒ずみ

鼻の黒ずみは普段の洗顔の仕方で改善できるのは知っていますか?

最後は正しい洗顔方法を書いていきます!

ぜひ試してみてくださいね。

①手を清潔にする

⇒手は雑菌だらけです。

しっかり手をあらい、清潔な状態で洗顔を始めましょう。

②蒸しタオルで毛穴を開く

⇒熱すぎるのはNGです!人肌くらい(レンジで1分)に温めたタオルを鼻の上に乗せます。

③ぬるま湯ですすぎ洗い

⇒このときこすってはいけません。

顔にパシャパシャとかけるようにすすぎ洗いをしてください。

④洗顔料をよく泡立てる

⇒ここがポイントです。

洗顔料はネットをつかいよく泡立てましょう!

⑤優しく泡で洗う

泡で洗うように優しくなでるように洗いましょう。

絶対に強くこすってはいけません!!!

指の腹をつかってクルクルと鼻をあらうと効果がありますよ。

⑥ぬるま湯でしっかり泡を落とす

⇒こすらないでお湯をかけるように丁寧に泡をおとします。

すすぎ残しが残らないように注意しましょう。

⑦タオルでふく

清潔なタオルで水をよくふきとりましょう。

このときゴシゴシとこすらないでくださいね!

摩擦で黒ずみの原因となってしまいますよ。

⑧化粧水をつける

毛穴を引き締めるために化粧水をつけましょう。

化粧水はビタミンCやヒアルロン酸が入っているのがおすすめです。

以上が鼻の黒ずみを解消する洗顔の方法になります。

1回洗顔では全部は落とすことができません。

毎日継続して続けることが大切です!

美は1日にしてならずですよ!!

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

今回は黒ずみについて詳しくみてきました。

最後はこの記事のまとめを書いていきます。

  1. 黒ずみは肌のあらゆる場所でおこる
  2. 黒ずみは摩擦や圧迫、紫外線が原因
  3. 紹介した3つの商品は肌にも優しく安全に使用できる
  4. ハイドロキノンは病院で医師の指示のもと使用する
  5. 鼻の黒ずみは洗顔で改善できる

以上5つが今回のまとめの記事となります

この記事をよんで黒ずみとおさらばしましょう!

最近の投稿