埋没毛の原因と治し方!どうして皮膚の下に毛がある?

2017年03月09日更新 スキンケア
埋没毛どうして

女性のみなさんにとって、「ムダ毛処理」って本当にやっかいでイヤなものですよね。

最近では若い男性の中にも「ムダ毛が許せない!」という人が増えてきて、女子顔負けのツルツルの足や腕をしている人も多いですよね(笑)。

でも頑張って処理しても、なぜか皮膚の中に黒っぽいブツブツとしたものが増えてきて、困った経験はありませんか?それって実は「埋没毛(まいぼつもう)」と呼ばれる、皮膚の中に埋もれてしまったムダ毛なんです!

「え?皮膚の中に毛が埋まってるの?」と驚いた人も多いと思いますが、中には数センチもあるような長~い毛になって埋もれている場合もあるんですよ。これを放っておくさまざまな皮膚トラブルに悩まされることもあると言われています。そんなの絶対イヤですよね!

そこで今回は、なぜこのような「埋没毛」が生えてくるのかと言った理由をはじめ、その対策方法などについてもくわしくご紹介したいと思います。

ぜひ参考にして下さいね!

埋没毛ってそもそもいったい何? 

埋没毛とは

埋没毛とは、ムダ毛を処理した後に、何らかの原因で皮膚内で発毛したり、成長したりする毛のことです。皮膚の下に毛が埋まっているので、その部分が黒くブツブツとして膨らんでいます。

本来なら皮膚の上にある毛が、皮膚の下で成長を続けるわけですから、皮膚トラブルを起こしやすく、一度生えてしまうと何度も繰り返します。

悩んでいる人も非常に多く、とてもやっかいな症状なのです。

埋没毛ができてしまう原因とは?

埋没毛原因

では、埋没毛になる原因についてくわしく見てみましょう。

いつもやっているお手入れが、埋没毛を引き起こしているかもしれませんよ!?

①カミソリによる処理

カミソリでムダ毛を処理する人は多いと思いますが、カミソリは使い方によっては肌を傷つけてしまうことがあります。その時、肌はその傷を修復しようと角質を厚くして、毛穴をふさいでしまいます。そのため毛が皮膚の外に出ることができず、その結果埋没毛になってしまうのです。

特に毛の流れと反対方向に剃ったり、シェービングクリームなどを使わずに、乾燥した肌にいきなりカミソリを当てたりなどしていると、肌が傷つき、角質をさらに厚くして毛の出口を塞いでしまい、埋没毛の原因になってしまうのです。

②毛抜きによる処理

「私は一本一本、ていねいに毛抜きで抜いてるから大丈夫!」って思っている人、実は「毛抜き」によるムダ毛処理も、立派な埋没毛の原因になるんですよ。

カミソリの場合と同じで、毛抜きで一気に毛を引き抜くことで強い刺激を皮膚に与え、毛穴部分が傷つき、皮膚が厚くなり毛穴を塞いでしまうのです。

また、毛抜き用ピンセットを強く皮膚に密着させることで、ピンセットからばい菌が入り込むことがあり、皮膚が炎症を起こし、傷になることがあります。

その傷を修復しようとして肌が「かさぶた」を作り、毛穴を覆ってしまうのです。そのためムダ毛が出口を失い、埋没毛として皮膚の中にとどまってしまうというわけなのです。

③「脱毛テープ」や「脱毛ワックス」による処理

手軽にムダ毛を処理できるアイテムとして人気の「脱毛テープ」や「脱毛ワックス」。現在さまざまな種類がドラッグストアなどで販売されていますが、実はこれらも埋没毛になってしまう大きな原因のひとつなのです。

「脱毛テープ」はその名の通り、脱毛用テープを皮膚に貼り、ムダ毛を毛の流れと反対方向に一気に引きはがします。一方、「脱毛ワックス」はムダ毛部分にワックスをぬり、毛とワックスを密着させてからそこへ脱毛用のシートを重ね、毛の流れと反対方向に一気にシートを引きはがして毛を抜きます。

また海外では「ブラジリアンワックス」と呼ばれるアンダーヘア脱毛もさかんに行われています。人気海外ドラマ『Sex and the City』で主人公キャリーたちが、エステでこのブラジリアンワックス脱毛をしてもらっていましたよね。(シートを一気にはがされて痛そうにするシーンには思わず笑ってしまいました)。

テープもワックスも手間がかからず、値段も安いので気軽に行う人が多いのですが、これらは一気にテープやシートをはがすので、ムダ毛と一緒に肌の角質も一緒にひきはがし、それによる肌へのダメージがとても大きいのです。

また、毛穴に与えるダメージもカミソリや毛抜きに比べて大きいと言われています。このため、肌が傷ついた箇所を修復しようと角質を厚くして毛穴をふさぎ、埋没毛を作り出してしまうのです。

埋没毛を放置したらどうなっちゃうの?

埋没毛放置
それでは、この埋没毛をそのまま放置したら、一体肌にどのような影響を及ぼしてしまうのでしょうか?

埋没毛は肌のターンオーバーが正常に働いているときは、放置しても自然と古い角質層とともに剥がれ落ちてしまうのですが、ターンオーバーがうまく働いていない場合はそのまま肌の中にとどまってしまうことになります。この毛が肌内部を傷つけ、そこからばい菌が入り、炎症を起こしてしまうこともあるのです。

この炎症を「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼びます。毛嚢炎はまるでニキビのように腫れて、化膿する場合もあります。さらに悪化すると、しこりが出来て、熱やかゆみを伴う場合もあります。ですから、肌の代謝が悪い場合に埋没毛を放置したままにすることは、大変危険なことなのです。

さらに放置したら長~い埋没毛ができてしまったという人も

埋没毛をさらに放置して、気づかないうちに皮膚の中でグングン成長してしまったという体験を持つ人がいます。毛抜きなどで引っこ抜いてみたら、シャーペンの芯ほどの太さで、クルクルと渦を巻いた長~い埋没毛がニュル~ッと出てきたという人も!

怖いですよね~(汗)

埋没毛は体内で吸収されることはありませんから、そのままに放置しているとどんどん長くなって、まるでほくろのように黒く色素沈着したようになってしまう場合もあります。そうなると見た目もよくないし、第一気持ち悪いですよね。

よくネットに長くなった埋没毛の画像を投稿している人がいますが、やっぱり気分が良いものではありません。そのような状態になる前に、早めに対処するようにしましょうね。

埋没毛ができる体の部位別の特徴とは?

null
このやっかいな埋没毛、実は体毛が生える部分であれば、どこにでもできる可能性があります。そしてそれぞれの体の部位別によって、埋没毛のできやすさが異なります。そのそれぞれの特徴についてくわしくご紹介しましょう。

①毛がバラバラな方向に生える部位(脇、ビキニライン)

脇やビキニラインは毛が一定の方向ではなく、あらゆる方向に生える場所です。そのためカミソリなどでムダ毛を処理すると、毛の流れと反対方向に剃ったりすることで、埋没毛ができやすくなります。

②太い毛が生える部位(膝、すね、足首、顔)

すね、足首、膝などの部位は、毛が太く、また生える範囲も広いので、ムダ毛処理を他の部分よりも頻繁に行うことになります。そのため処理によって肌が傷つくことが多く、角質が厚くなり毛穴がふさがれ、埋没毛ができやすくなってしまうのです。

また、男性の顔に生えるヒゲは体毛の中でも最も太い毛であり、埋没毛に非常になりやすいと言われています。しかも毎日カミソリやシェーバーなどで頬を剃っているため、皮膚も傷つきやすく、それにより埋没毛ができてしまうのです。

③毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ができやすい部位(太もも、二の腕、肩、背中)

二の腕や太ももに、固くてブツブツとした湿疹のようなものができたことはありませんか?

それは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる角質異常で、古い角質が毛穴周辺にたまって、角質が厚くなってしまう状態のことです。

ムダ毛処理などによる炎症で起こる角質異常ではないので、痛みやかゆみなどの不快な症状はありませんが、毛穴周辺がつまってしまうことに変わりはありませんので、埋没毛を作る原因になってしまいます。

④毛抜きで処理しがちな部位 (眉毛、指)

眉毛や指などの毛は、小さい上に短いので、どうしても毛抜きを使って処理しがちです。

毛抜きによる処理は刺激を伴う上に、毛穴を傷つけやすいことは先ほど説明した通りです。ですからこのような部分にはどうしても埋没毛ができやすくなってしまうのです。

埋没毛を解消する最も理想的な方法とは?

埋没毛解消

埋没毛はカミソリや毛抜きなどで自己処理をすると、かえって肌を傷つけ、さらにできやすくなってしまうことがお分かり頂けたと思います。それではどのようにすれば埋没毛を解消できるのでしょうか?

最も肌にとって効果的な方法は、「ターンオーバーを正常化すること」なんです。肌のターンオーバーを正常化して、古い角質とともに自然に埋没毛が抜け落ちるのを待つことが、肌にとっては最も負担が少なく理想的と言えるでしょう。

少々時間はかかりますが、最も理想的かつ効果的と言えるかもしれませんね。

埋没毛をカミソリで取る正しい取り方とは?

カミソリ正しい取り方

肌のターンオーバーを正常化して、古い角質とともに埋没毛が抜け落ちるのを待つことが、肌にとって理想的な埋没毛の解消法だと先ほど述べましたが、そんな悠長なことを言ってられないときってありますよね。

特に女性は、すぐにでも埋没毛を処理したい!という緊急な時、例えばデートの前の日や、海で水着になる…なんて時はすぐにでも処理したいですよね。

また男性も毎日ヒゲを剃る人が大半ですし、「ヒゲを剃る時は絶対カミソリ派!」という人もいるでしょう。本来カミソリによる処理は埋没毛の敵なんですが、緊急の時やどうしても使いたいときのために、カミソリを使った埋没法の正しい取り方をご紹介します。

参考にして下さいね。

ただしどうしても!という時だけにして下さいね~(笑)

①肌を温める

カミソリでお手入れをする前に、まずは肌を温めましょう。そうすることで、角質がやわらかくなり、カミソリによる肌の負担が軽減されます。床屋さんでも、ヒゲを剃る時に暖かいタオルを顔にのせますよね。そうすることでカミソリがスムーズに動いてくれるのです。

②肌に石鹸やクリームなどを塗る

これも肌を傷めないためには大切なことですよね。何も塗らずにいきなりカミソリを当てると、とても危険です。たっぷりと肌に石鹸やクリームを塗って肌を守りましょう。

③上から下へ、毛の流れに沿ってカミソリを使う

カミソリを当てるときは、上から下へ、毛の流れに沿って使うのがポイント。毛の流れに逆らってカミソリを当てると、皮膚を傷つける恐れがありますので気をつけましょう。

④処理をした後は、化粧水などをたっぷりと

カミソリを使った後は、化粧水やローションなどでたっぷりと保湿をしましょう。保湿することで肌を保護して毛穴も引き締めることができます。

埋没毛の自宅でできるカンタン対策 

おうち埋没毛対策
それではカミソリや毛抜きを使わずに、おうちで簡単にできる埋没毛対策をご紹介しましょう!市販薬などを使えばお手軽ですし、今日からでも始められますよ。

①スクラブ洗浄

埋没毛の原因は、炎症によって肌の角質層が厚くなることで毛穴がふさがり、毛が成長する出口がなくなってしまうことでしたね。ですから厚くなった角質をやわらかくしてあげれば、埋まってしまった毛が再び皮膚の外に出ることが出来るようになります。そこで、角質ケアに効果的と言われる「スクラブ洗浄」がおすすめです。

スクラブ洗浄とは、細かい粒子の入った洗浄剤を使うことで、粒子が毛穴の奥に入り込み、普通の洗浄剤では取ることのできない古い角質や汚れなどを効率的に落とすことができます。

これで埋没毛も解消できますよ。(炎症を起こしている肌にスクラブ洗顔をすると炎症が悪化する恐れがありますので注意してください)

②ジェルクリーム

ジェルクリームも埋没毛の対策には高い効果を発揮します。先ほども述べましたが、埋没毛は角質を柔らかくして、毛穴の出口を作ってあげることが大切です。

ですから保湿効果が高く伸びの良いジェルクリームは、角質を潤わせ健康な状態にして、厚くなった角質層を剥がし落としてくれます。

また美白効果の高いジェルクリームを使えば、埋没毛によって肌が黒く色素沈着することを防いでくれます。

③マイルドピーリング

マイルドピーリングとは、普段の体の洗浄で使えるほどマイルドな成分を使用するピーリング法です。肌にやさしい自然由来成分の酸などを使い、肌の古い角質を取り除き、新陳代謝を促進します。

値段も普通の洗顔料やボディウォッシュと同じほどでお手軽ですし、自宅で簡単に行うことができます。ただし、いくらマイルドだからと言って毎日ピーリングを行うのは肌には負担です。週一回程度が好ましいでしょう。

④軽石

軽石もお手軽に埋没毛を目立たなくすることができると言われています。お風呂に入って皮膚を温めた後、軽石で埋没毛が気になる部分をこすって古い角質を取り除きます。

しかし、あまりゴシゴシこすり過ぎると、ヒリヒリしてかえって肌を痛めてしまいますので、マイルドピーリングと同じく週一回程度がちょうどいいかもしれませんね。

⑤電気シェーバー

電気シェーバーは肌に刺激や傷を与えにくいので、カミソリや毛抜きなどに比べ埋没毛ができにくいと言われています。ただし剃り跡が残りやすい場合があり、そこから炎症を起こすこともありますので十分気をつけましょう。

⑥家庭用脱毛器「ケノン」

ケノン
出典 : ケノン.com/
エステでは「フラッシュ脱毛」と呼ばれる施術が行われますが、これは黒色や茶色に反応する熱を毛が生えている皮膚部分に当てて、その周辺の組織を壊し、脱毛を促進する方法です。しかも肌の表面の毛だけでなく、皮膚内に深く埋もれた毛にも反応しますので、埋没毛の解消に非常に効果的と言われています。

でもエステに行くお金も時間もない…とお嘆きの方、安心して下さい。なんと現在では、そのフラッシュ脱毛を家庭でやれちゃうんです!家電量販店で販売されている「家庭用脱毛器」を使うだけで、エステ級の脱毛をすることができるんですよ。

「家庭用なんて、効果が薄いんじゃないの~?」なんて疑いたくなるかもしれませんが、現在の家庭用脱毛器は本当に進化しているんです!

特に注目なのが、家庭用フラッシュ脱毛器人気ナンバーワンの「ケノン」(価格69,990円?)。大手通販サイト「楽天」でも年間家電ランキングで第一位を獲得しています。Vライン、脇、足、腕、足、お腹、指など、全身のムダ毛や埋没毛を脱毛できます。

公式ページ?ケノン.com/

また女性だけでなく、男性のヒゲのお手入れにも大活躍します。エステ級のフラッシュ照射を持ちながら、痛みや刺激がとても少なく、しかも美顔効果もあるという至れりつくせりの製品です。

一度試してみてはいかがですか?

埋没毛の改善はプロにまかせよう

プロ改善方法
ホームエステもいいけど、もっと高い効果が欲しい!という人には、プロの手による改善方法をおすすめします。費用は高いかもしれませんが、納得いく効果を実感できるかもしれませんよ!

①フラッシュ脱毛

エステサロンで受けられる脱毛施術は大変効果的と言われています。特に人気なのが大手エステサロン「ミュゼプラチナム」。2016年7月に脱毛エステサロンナンバーワンに選ばれ、会員数はなんと297万人を誇る日本でも有数のエステサロンです。

「SSC方式」と呼ばれる独自のフラッシュ脱毛法を展開しており、1秒で200本ものムダ毛を処理し、痛みもほとんどないと言われています。両脇の脱毛であれば約3分で1回の施術が終わってしまうそうです。

埋没毛にもきっと高い効果を発揮してくれることでしょう。

②医療レーザー脱毛

エステでのフラッシュ脱毛も確かに魅力的ですが、効果がでるまでには数か月から1年はかかると言われています。「もっとすぐに効果が出る治療法はないの?」と言う人におすすめなのが、「医療レーザー脱毛」です。

医療レーザー脱毛は、黒色や茶色に反応するレーザーを埋没毛に照射することで、毛根組織にダメージを与え、自然な脱毛を促進します。また医療用ですから、フラッシュ脱毛の熱よりもその性能は高く、効果も早く実感できます。3回目ほどで毛の量が少なくなったと実感する人が最も多いとか。

平均で6回から10回の治療が必要と言われていますが、人によってそれぞれ異なるようです。人気美容整形外科でおなじみの「高須クリニック」では、両脇の医療レーザー脱毛が、初回~5回目までの1回毎が\14,000、 1年間フリープランであれば\70,000という料金設定になっています。

興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

③皮膚科の薬

埋没毛は疾患ではありませんから、皮膚科で診てもらうことはあまりないかもしれません。しかし埋没毛のお手入れによって、痛みやかゆみがひどかったり、「毛嚢炎」など毛穴周辺が炎症して化膿した場合には、早めに皮膚科を受診し、薬をもらうことをおすすめします。(化膿などがひどければ、切開手術をする可能性もあります)。

また相談をすれば、角質をやわらかくする薬なども処方してもらえますので、埋没毛解消に効果があるかもしれません。

まずは、お医者さんに相談してみましょう。

④ケミカルピーリング

先ほどマイルドピーリングをご紹介しましたが、エステなどで受けられる「ケミカルピーリング」という方法もあるんですよ。

ケミカルピーリングとは、酸を使って毛穴の古い角質を取り除き、肌の再生を促進しますので、ニキビ跡を目立たなくするためによく行われていますが、埋没毛にも一定の効果があると言われています。

しかし現在保険適用外ですので、治療代は高額になります。また比較的強い濃度の酸を使用しますので、人によっては肌にトラブルを引き起こす可能性があります。

効果があるとはいえ、なかなか気軽にはおすすめできる方法とは言えないかもしれませんが、興味のある方はトライしてみて下さい。

埋没毛におすすめクリームランキングTOP5

気軽にサロンや皮膚科に行けないと言う人のために埋没毛に効果的なクリームをランキング形式でご紹介します。

コスメ商品は多数のアイテムが販売されていて、どれを選べばいいのかわからないなんて人も一目でどんな商品が良いのかわかるランキングです。

埋没毛に悩んでいる人はぜひこれからご紹介するクリームを購入してみてくださいね。

1位 ストレミライン

ストレミライン

出典 : https://stremiline.jp/

商品名 ストレミライン
メーカー ストレミライン
値段 通常7,750円(税別) ⇒ 定期購入2,980円
成分 水溶性プラセンタエキス、、プルーン酵素分解物、加水分解米ぬかエキス、ビサボロールなど
公式サイト https://stremiline.jp/

an・anやandGIRL、Poco’ceなどの雑誌で掲載され、SNSでも話題沸騰中の埋没毛専用クリームがこの「ストレミライン」です。

たっぷりの潤い成分に黒っぽくなる原因のメラニン対策もばっちりで、埋没毛が出来やすい肌体質を根本から解決してくれます。

ターンオーバーを整えて、角質とメラニンを蓄積させない処方なので、どんな肌体質の人でも改善すること間違いなしっ!

厚生労働省からも認可されている美白成分、水溶性プラセンタを中心になんと17種類もの有効成分を配合しています。

しっとりとサラサラしているジェルは塗ったそばから光り輝くスベスベな肌へ。

高保湿でベタベタしないのでお風呂上りのケアでも快適です。

天然由来成分を中心に作られていて、パラペン・アルコール・鉱物油などの添加物は不使用です!

敏感肌の方でも安心してお使いいただける商品となっています。

2位 アットベリー

アットベリー

出典 : http://www.elodielouisgraphic.com/

商品名 アットベリー
メーカー アットベリー
値段 通常5,440円(税別) ⇒ 定期購入2,980円(税別)
成分 グリチルリチン酸ジカルシウム、水溶性プラセンタエキス、トレハロースなど
公式サイト http://www.at-berry.jp/

使用者の93%以上が満足したと答えた驚異の実績を誇るのがこの「アットベリー」です。

美容についての悩みを相談出来るコンシェルジュサービスが付いて来るのもアットベリーの手厚いサービスの一つ。

消耗と乾燥を同時にケアしてくれるので、どんな埋没毛による黒ずみや肌ダメージでも簡単に改善してくれます。

更にアットベリー最大の特徴ともいえるのが肌の内外からの同時ケアに加えてベールをかぶせてガードしてくれる「トリプル方式」でしょう。

美容成分を逃さないようなガード層は効率よく肌に美容成分を届ける働きをしてくれます。

美容成分は厚い角質にも浸透しやすいナノ化されているので、角質層までしっかりと浸透してくれます。

まさに現代技術の結晶ともいえるアットベリーで埋没毛による黒ずみを改善してみてください。

3位 シルキークイーン

シルキークイーン

出典 : https://www.xn--x8jb8a4e2a8d6cv993k.com/entry21.html

商品名 シルキークイーン
メーカー シルキークイーン
値段 通常8,000円(税別) ⇒ 定期購入5,480円(税別)
成分 グリチルリチン酸2K、BG、1,2-ペンタンオジールなど
公式サイト http://silky-queen.jp/lp

足の黒ずみ・毛穴の赤み・埋没毛にお悩みの方はこの「シルキークイーン」がおすすめ!

刃の古いカミソリや逆剃り・深剃りなどの間違った自己処理をしていたり、刺激や摩擦が原因となる色素沈着といった悩みを解決してくれます。

傷んだ肌の炎症を抑え、角質本来のバリア性能を復活させ、潤いを補充してくれます。

ビワ葉エキスや漢方薬にも使われている甘草由来成分などの天然由来成分を中心に作られているので、お肌に優しい仕上がりとなっています。

高級エステサロンでも使われているオリーブ油を配合することで肌に「エモリエント効果」を与えて肌本来の潤いを呼び覚まします。

ターンオーバーを正常化する効果もあるので、もっちもちのすべすべ肌に生まれ変わります!

動物性原料や着色料、アルコール、パラベンは配合していないので、敏感肌や化学成分は使いたくないと言う人でも安心ですね。

4位 ラスター

ラスター

出典 : http://xn--jp-fi4aya2s9d.xyz/

商品名 ラスター
メーカー ラスター
値段 通常6,800円(税別) ⇒ 定期購入4,750円(税別)
成分 トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル、濃グリセリンなど
公式サイト http://www.fcafe-hanna.com/

ケアをする時間の少ない忙しい朝の時間帯でもサッとひと塗りするだけで、効果を発揮してくれる時短ケアをしたい人におすすめのクリームです。

ふくらはぎやすね、膝周りや足首に特化したクリームで、美脚を手に入れたい人には特におすすめです。

なぜ美脚を手に入れられるのか?その秘密は配合されている成分にあります。

メラニンの生成を抑える「トラネキサム酸」、ターンオーバーを正常にする「グリチルレチン酸ステアリル」を中心に作られるクリームはまさに黒ずみや埋没毛対策のために作られたクリームです。

美白成分をぎゅっと凝縮し、肌環境を整える「セラミド」もプラス!

効率よく美脚を手に入れたいなんて人は朝か夜の1回ケアだけでなく、お昼も塗ることをオススメします!

5位 ピュアルピエ

ピュアルピエ

出典 : http://leona-beauty.jp/purerte/

商品名 ピュアルピエ
メーカー ピュアルピエ
値段 通常8,890円(税別) ⇒ 定期購入5,334円(税別)
成分 水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、ビサボロール、3-O- エチルアスコルビン酸など
公式サイト http://leona-beauty.jp/purerte/

あの世界的に有名なモンドセレクションを受賞した商品です。

他にもスキンケア大学や多数の人気雑誌に掲載されるなど、国内外で注目を集めています。

二の腕などにできるブツブツケア商品ですが、実は埋没毛にも効果があると口コミで話題になっています。

それもそのはず、埋没毛を解消するために必要な成分が全て入っているからです。

高い保湿力に色素沈着やクレーター状の痕が残るのを防ぐ効果は埋没毛に非常に効果的です。

埋没毛の原因と治し方まとめ

まとめ

  1. おしえて!埋没毛ってそもそも何? 
  2. 埋没毛の原因とは?そのメカニズムに迫る!
  3. 炎症、化膿…。埋没毛を放置したらこんなに怖いことに…。
  4. さらに放置したらもっと怖いことに…。埋没毛が長~くなっちゃった!?
  5. 体毛ある所に埋没毛あり!?埋没毛の特徴を体の部位別にご紹介
  6. 緊急時限定!カミソリOKな埋没毛ケア
  7. ホームエステしちゃおう!おうちでもできるカンタン埋没毛対策 
  8. プロの技が光る!家庭ではできない埋没毛ケアとは

いかがでしたか?

埋没毛とは、カミソリや毛抜きなどで自己流でおこなうムダ毛処理によって毛穴がふさがり、ムダ毛が皮膚内に閉じ込められてしまうことから起こることがわかりました。

これによりさまざまな肌トラブルを引き起こすことから、家庭や医療機関などで受けられる効果的な方法がたくさんあることもわかりましたね。しかし、最も肌にとって理想的なのは、肌のターンオーバーを正常化して、自然に脱毛することを待つことだそうです。

なんだかせっかちな人には向いてない解消法ですが(笑)、やはり肌に負担をかけないためには、これが一番なのかもしれませんね。

しかし、今回ご紹介した他のさまざまな方法もとっても効果的です!ぜひ試してみて下さいね!

最近の投稿